レシピID 20180119162530

パン

シュトロイゼルクーヘン チェリーブラックと抹茶大納言

初級レベル

60分

印刷する

オーブン

BREAD海野 綾子 先生

シュトロイゼルクーヘンとはドイツのパン屋さんでよく見かける、リッチなパン生地を平たく伸ばして、その上にシュトロイゼルを散らしたケーキのようなパン。 天板一枚分で大きく作って、長方形や正方形にカットして。 バレンタインギフトにいかがでしょう。

このレシピを8人がお気に入りしています

23~25㎝ 天板1枚分

具材
基本のカスタードクリーム  半量
適宜
適宜
100g
ブラックココアシュトロイゼル(以下参照) 90g
ブラックココアシュトロイゼル
5g
30g
30g
25g
抹茶バージョン
適量
適量
適量

チェックした商品は全てTOMIZで購入できます!
*チェックボックスのない商品は只今在庫がありません。

作り方

  • 準備

    計量する。

  • 1

    ボウルの中で強力粉とパネトーネ酵母、スキムミルクをよく混ぜ合わせる。

  • 2

    溝を作り、砂糖、塩を入れ、そこへ少量の水を加え、溶かすように軽く混ぜる。

  • 3

    溶いた卵、残りの水を全て加え、カードで切り混ぜる。

  • 4

    粉気がなくなったらボウルから取り出し、しっかりとたたき捏ねる。生地が繋がってきたらバターを加え、更にたたき捏ね、艶やかな状態になったら捏ね上がり。

  • 5

    ビニールなどに入れて3倍の大きさになるまで一次発酵させる。室温なら3~4時間、冷蔵庫野菜室であれば一晩おいてもよい。

  • 6

    一次発酵終了

  • 7

    型にベーキングペーパーを敷く。

  • 8

    厚さ1㎝になるよう、平たく伸ばし、乾燥させないよう二次発酵させる。

  • 9

    発酵の合間にブラックココアシュトロイゼルを作る。 シュトロイゼルの材料を計量する。

  • 10

    「基本のシュトロイゼル」の要領で作り、使う時まで冷蔵庫で冷やしておく。

  • 11

    ニ次発酵終了までにすべての具材を用意する。サワーチェリーは軽く水気を切っておく。クランベリーは一度熱湯にくぐらせ、水気を切り、冷ましておく。カスタードクリームは 「基本のカスタードクリームの作り方」を参照し、準備する。

  • 12

    ふっくらとして少し高さが出てきたら二次発酵終了

  • 13

    カスタードクリームを塗り、チェリー、クランベリーを散らす。

  • 14

    ブラックココアシュトロイゼル、プラリネを散らす。

  • 15

    200℃で天板ごと予熱したオーブンに入れ、180℃に下げて約23分で焼き上げる。途中焦げるようなら温度を下げる。

  • 抹茶バージョン1

    キタノカオリ150gを145gに減らし抹茶5gを加え、水85gに増やし、それ以外は同様の配合で生地を作る。

  • 2

    抹茶シュトロイゼルはバター50g、砂糖50g、薄力粉43g、抹茶パウダー7gで「基本のシュトロイゼル」の要領で作る。 ニ次発酵終了までに、すべての具材を用意する。

  • 3

    二次発酵を終えた生地に、具材を散らす。

  • 4

    200℃で天板ごと予熱したオーブンに入れ、180℃に下げて約23分で焼き上げる。途中焦げるようなら温度を下げる。

※所要時間に発酵や焼成時間は含まない。

BREAD

海野 綾子 先生

横浜「ミモザクッキング」主宰、1998年の開校当初よりパン講師を勤める。国産小麦のしっかりとした粉の旨味、酵母が醸し出す優しい味わい、シンプルこそ感じることができる素材の美味しさに感動し、以降自然酵母や世界のパンを独学で研究。ル・コルドン・ブルー卒業。

海野 綾子 先生のレシピ