雑穀ミックススコーン

レシピID s-201307-15b-01

11種類の国産雑穀と全粒粉が入った、噛めば噛むほど味が出るスコーン。ベースの生地もエクリチュールを使って小麦の風味たっぷり。四角なので、成形も楽です。朝食にもどうぞ♪

  • 初級レベル
  • 90分
  • オーブン
  • 冷蔵庫

※レシピや画像の無断転載、営利目的利用はご遠慮ください。

材料

5×5×高さ3cm程度のスコーン8個分

材料

ラッピング

好みのシール
お好みで
コットンリボンなど
お好みで
ロマンチックスイートCPP
お好みで
お好みで

合計金額

お支払合計が5,980円(税込)以上で送料無料です。

作り方

  • 1

    1

    製パン用雑穀ミックスに牛乳をふりかけ混ぜておく。オーブンは190℃に予熱して使用する。

  • 2

    2

    バターを入れたボウルに、塩、粉類、砂糖、ベーキングパウダーをふるい入れ、冷蔵庫でひやしておき、冷たい状態で作業をする。

  • 3

    3

    カードを使い、粉の中でバターを細かく切ってできれば小豆粒大くらいまで細かくする。

  • 4

    4

    指先や手のひらをすり合わせるようにして、粒状のバターを薄くし、粉と混ぜながらサラサラにする。

  • 5

    5

    バターの大きい粒がなくなり薄くなれば(1)の雑穀ミックスを加えカードで全体に混ぜる。

  • 6

    6

    ヨーグルトと全卵を加える。

  • 7

    7

    カードで全体に良く混ぜ、粉っぽさが無くなるまで混ぜる。

  • 8

    8

    麺台に打ち粉を振り、生地を出して四角にまとめる。

  • 9

    9

    半分にカットして重ね、上から押さえ平らにする。(重ねる前に打ち粉を生地に振る。)

  • 10

    10

    さらに方向違いに半分にカットして重ね、上から押さえ平らにする。あと2回繰り返す。

  • 11

    11

    生地がなめらかになったら10cm×20cm(2cmくらいの厚さ)に麺棒でのばす。生地がやわらかくてのばしづらい場合は一度冷蔵庫で冷すと良い。

  • 12

    12

    ここで包丁でカットするが生地が柔らかくなっていたら冷凍庫(冷蔵庫)で冷すときれいにカットできる。端をうすく切り落とし5cm角にカットする。(8等分)

  • 13

    13

    オーブンペーパーを敷いた天板に並べる(端の切り落とし部分は丸めておく)

  • 14

    14

    180〜190℃のオーブンで約20分、ふっくら膨らんで、全体がきつね色になるまで焼く。

  • 15

    15

    温度、時間はオーブンにより異なるので焼き色で判断する。写真のように割り口がきつね色になるまで焼く。

  • 16

    16

    とり板の上などで冷まして出来上がり。

  • 17

    17

    贈り物に使う場合は、冷めたらラッピングする。そのまま袋に入れタイで止める。

  • 18

    18

    一つずつラッピングしても良い。リボンやシールを使うとかわいい。


 



【レシピ提供】:studio gemma 高橋教子






短大の食物科を卒業後、同校の調理研究室に10年勤務し、料理・菓子全般を学ぶ。 その後、菓子研究家柴川日出子氏に師事し、アシスタントを10年務め独立。 東京都菓子学園卒業。 アシスタントをしながら、1,998年より荻窪にて料理教室、2,000年より現在の東京都小平市にてお菓子教室を始める。 おいしい!嬉しい!楽しい♪をモットーに活動。 現在はお菓子とパンの教室の他、企業のレシピ開発や企画に携わり、指導も行う。 他、雑誌・TV出演・企業のネット等へのレシピやお菓子写真の提供、本の出版も行っている。 最近の著書には「チーズケーキ」「パンケーキ」「ざっくり、さくさく小さな焼き菓子」(朝日新聞出版)等がある。