バター香るリッチなシナモンロール

レシピID 20220426203631

しっとり甘めの生地にシナモンバターをたっぷり巻き込んだシナモンロールです。
バターチーズクリームを塗って食べればまるでケーキのようにリッチな美味しさなのでお試し下さい♪

  • 初級レベル
  • 100分
  • 電子レンジ
  • オーブン
  • 冷蔵庫

※レシピや画像の無断転載、営利目的利用はご遠慮ください。

材料

5個分(9×3cmセルクル)

仕上げ用トッピング

合計金額

お支払合計が5,980円(税込)以上で送料無料です。

作り方

  • 準備

    準備

    ●パン生地の材料を常温に戻す。
    ●分量内の水にイーストを溶かしておく。
    ●フィリング類のバターとクリームチーズも常温に戻す。
    ●生くるみを使用する場合はローストしておく。

  • 1 生地作り

    1 生地作り

    ショートニング以外のパン生地の材料を混ぜ合わせ、30分置く。(オートリーズ)

  • 2

    2

    30分後、ショートニングを加えて約10分程捏ねる。
    表面がつるっとしてしなやかな生地になっている事。

  • 3

    3

    グルテンチェックをしてこの程度の薄膜になっている事を確認してください。

  • 4 一次発酵

    30℃~35℃で約1時間~様子を見ながら2倍になるまで発酵させる。

  • 5 ベンチタイム

    5 ベンチタイム

    一次発酵終了後、生地を台に取り出しガスを抜いて折り畳み約25cm×10cmの長方形にする。
    冷蔵庫で20分ベンチタイム。

  • 6 巻き込み用フィリング作り

    6 巻き込み用フィリング作り

    ベンチタイム中に巻き込み用フィリングを準備する。
    ✩の材料を混ぜ合わせて、シナモンシュガーを作る。
    バターは柔らかく練っておく。

  • 7 型の準備

    7 型の準備

    9㎝セルクルに生地がくっつかないように、型の内側にシートを巻いたり離型油をふきかける。
    底面はグラシンカップなどを敷いておくとシナモンバターが広がらずに済むのでオススメです。

  • 8 成形

    8 成形

    生地を40×13~14cmの長方形にのばし、フィリング用のバターを塗り広げる。(閉じる部分1cmほどはバターは塗らない。)
    ※最終的に15cm幅にしますが巻いてると少し伸びてしまうのでここでは気持ち短めに伸ばして下さい。

  • 9

    9

    6のシナモンシュガーを満遍なく広げる。
    バターと馴染むように上から少し押さえる。

  • 10

    10

    生地の短いほうからくるくると少しゆるめに巻いていく。
    とじ目をしっかり閉じる。幅が15cm以上に広がらないように巻いてください。

  • 11

    11

    3cm幅にカットし5等分にする。
    糸でカットすると綺麗な断面になります。

  • 12

    12

    中心を少しへこませ、セルクルに入れる。

  • 13 二次発酵

    13 二次発酵

    30℃以下で約40分~様子を見ながら生地が約1.5倍になるまで、発酵させる。(30℃以上だとバターが溶け出すため注意)
    二次発酵が終了する前にオーブンを170℃に予熱する。

  • 14 仕上げ用フィリング

    14 仕上げ用フィリング

    二次発酵させている間に仕上げ用フィリングを作る。
    常温に戻したバターをよく練り、粉砂糖を入れて混ぜ、練乳を入れる。柔らかい状態にしたクリームチーズを加えよく混ぜてから最後にバニラペーストを入れる。 バターチーズクリームの完成。
    ※クリームチーズが固いと混ざらないので柔らかい状態にして混ぜ込んで下さい。

  • 15 焼成

    15 焼成

    二次発酵が終わった生地を、170℃のオーブンで15分焼く。

  • 16 仕上げ・完成

    16 仕上げ・完成

    焼き上がったシナモンロールにバターチーズクリームをたっぷり塗りトッピングのローストくるみをのせて完成。

  • <レンジで温める>

    <レンジで温める>

    冷めてしまったものを、レンジで軽く温めるとおいしく召し上がれます。

  • <ラッピングボックス>

    <ラッピングボックス>

    こちらのLスタイル片段BOXにぴったり5個収まります♪
    箱にワックスペーパーなどを敷いてお使いください。
    ケーキフィルムを適当なサイズにカットしてのせるとフィリングで箱が汚れずに入れられますよ。

※所要時間=発酵時間や冷やし固める時間など、環境や設備などによって差が大きく出るものは除く