レシピID 20191015093338

パン 食パン・シンプルパン

ホームベーカリーで作るふわっとリッチなレーズン食パン

初級レベル

15分

印刷する

ホームベーカリー

BREAD海野 綾子 先生

自家製サワークリームは楽しんでいただけたでしょうか。
今回は、サワークリームをたっぷりと使ったリッチなレーズン食パンをご紹介いたします。
サワークリームのほのかな酸味と保湿性によって、味に深みがあり、とってもふんわりとした美味しいパンがホームベーカリーで、たった2時間半程度※で作れちゃいます!
慣れてる方はこのレシピで1斤型で焼いてみても良いでしょう。

※早焼きモード、クイックモードなど、メーカーや機種によっては名称は異なりますが、2時間半くらいでできるモードを選んでみてください。今回使用したのは、パナソニックSD-MDX101「クイックスィートモード」です。

このレシピを11人がお気に入りしています

作りやすい量

チェックした商品は全てTOMIZで購入できます!
*チェックボックスのない商品は只今在庫がありません。

※所要時間は発酵時間、焼成時間を除いた実質作業時間

作り方

  • 準備 1

    卵はM玉2個と牛乳を合わせて160gになるよう計っておく。 その他材料も計量する。

  • 工程 1

    パンケースに粉類、パネトーネ酵母、砂糖、塩を入れ、一混ぜする。

  • 工程 2

    サワークリーム、卵と牛乳を加える。

  • 工程 3

    ホームベーカリーにパンケースをセットし、クイックスィートモードを選択。 スタートさせる。

  • 工程 4

    捏ねが一段落して発酵(ねかし)に入った時点で、フタを開けて、生地のトップにレーズンを散らすように加えた後にフタを閉めておく。(その後、また捏ねが始まるのでレーズンがちょうどよく混ざる。)

  • 工程 5

    約2時間半後、電子音がなり、焼き上がり。

  • 工程 6

    パンケースから取り出し、粗熱を取る。

BREAD

海野 綾子 先生

横浜「ミモザクッキング」主宰、1998年の開校当初よりパン講師を勤める。国産小麦のしっかりとした粉の旨味、酵母が醸し出す優しい味わい、シンプルこそ感じることができる素材の美味しさに感動し、以降自然酵母や世界のパンを独学で研究。ル・コルドン・ブルー卒業。

海野 綾子 先生のレシピ