レシピID o-ni-201510b-01

和菓子 まんじゅう・どら焼き

みそまんじゅう 胡桃あん

初級レベル

40分

印刷する

火気

WA・SWEETS西川 千栄 先生

おまんじゅうは、蒸し器さえあれば思ったより簡単にできるお菓子です。

蒸したてが一番!ですが、冷めても皮がしっとりおいしくいただくために、皮にも餡をすこし入れ、低温で蒸しています。

秋らしくたっぷり胡桃のあんこで風味もよく。 餡を包むにはしっかり手粉をつけて。

つやつやのおまんじゅうをぜひ、おためしください。

このレシピを35人がお気に入りしています

8個分

使用する道具
蒸し器 1個
材料
20g
手粉 適宜
打粉用薄力粉 適宜
1枚
1個
1本
1本
8枚
重曹
タンサン(重曹) 小さじ1/2弱
小さじ1/2弱
くるみあん
200g
30g
生地
70g
35g
味噌 18g(大さじ1)
20g

チェックした商品は全てTOMIZで購入できます!
*チェックボックスのない商品は只今在庫がありません。

※味噌は、手作り味噌またはヤマク 無添加の蔵 白こしやお手持ちの味噌をお使いください。

作り方

  • 準備

    味噌を用意する。(お手持ちの味噌でも構いません)

    手作り味噌のレシピはこちらから→黒豆味噌麦味噌
    発芽玄米味噌米味噌

  • くるみあんの作り方1

    胡桃はフライパンやオーブンで空焼きし、渋皮を剥く

  • 2

    すりこぎで細かくつぶす。

  • 3

    白こしあんにむらなく混ぜ込む。

  • 4

    8個に丸めておく。(1個25〜30g)

  • 工程 1

    蒸し器は水滴が落ちないように蓋に布巾をし、たっぷりの水を入れて沸かしておく。

  • 2

    味噌と砂糖と白こしあんを混ぜ、水も入れよく混ぜ合わせておく。

    味噌の粒が大きい場合はここでよくつぶしておくとよい。

  • 3

    重曹を、同量の水で溶いておく

  • 4

    ボールに薄力粉をふるい入れ、(2)と(3)を入れ、むらなく混ぜ合わせる。

    生地が柔らかくて包みにくいようならすこし冷蔵庫で冷やすとよい

  • 5

    バットやボールに薄力粉を敷き、生地をおとす。

  • 6

    生地を8等分にする。

    生地が柔らかいので、手粉をつけながら手に生地がつかないように扱う。

  • 7

    餡を包む。手粉をつけながら、餡が見えないように生地を閉じ、閉じ口を下にして置く。

  • 8

    形を整え、余分な粉は刷毛ではらい、クッキングシートを敷いた蒸し器に並べる。

    膨らむので間隔をあけて、蒸し器が小さい場合は無理に置かずに何度かに分ける。

  • 9

    最初の1〜2分は強火、その後弱火〜中火で、合計10分〜12分蒸す。

  • 10

    蒸しあがったら、手に水をつけてまんじゅうを取り出し、網や、クッキングシートにのせて冷ます。

  • 11

    粗熱がとれたらまんじゅうポリシートで包んでおく。

WA・SWEETS

西川 千栄 先生

野菜イベントや料理教室のスタッフ、弁当屋や料理屋の厨房など食の現場に関わり続ける。旬の素材に恵まれる環境にあり、素材をいかした季節を感じる食事を大事にしたいと考える。和菓子製作と教室「おもたせ菓子研究室」のひとりとしても活動中。

西川 千栄 先生のレシピ