マンゴーと柑橘のさっぱりショートケーキ

レシピID o-ku-201405c-01

くまがい ゆうこ 先生

くまがい ゆうこ 先生

いちごが終わっても、季節のフルーツでつくるショートケーキも美味しいものです。ここでは甘味のあるマンゴーと酸味のある柑橘を合わせてサンドしてみました。

柑橘はグレープフルーツやオレンジなどお馴染みのものでもよいですが、ぜひ日本の柑橘類にもトライしてみてください。美生柑(みしょうかん)、ニューサマーオレンジや日向夏など、季節感のある柑橘類もおすすめです。ただし柑橘類や水分の多いフルーツを使うときは、必ず水分を十分取ってからサンドするようにします。

  • 中級レベル
  • 40分

材料

15cm 1台分

材料

1台
300g
25g
マンゴー
1/2個
オレンジ、美生柑、ニューサマーオレンジなどお好みの柑橘
1個
ハーブ(チャービルなど)
好みで
チェリー
好みで

合計金額

お支払合計が5,980円(税込)以上で送料無料です。

作り方

  • 下準備 1

    下準備 1

    生クリームと砂糖は合わせて泡立て、角がやっと立つくらいにしておく(八分立て)。

    泡立てるときやデコレーションするときは、ボウルごと氷水に当てながらするように。

  • 2

    2

    マンゴーは皮をむき、1.5cm角にカット、柑橘類は実を取り出してキッチンペーパーにのせて水けをとる。
    形の良いものを飾り用に適量とっておく。

  • 工程 1

    工程 1

    解凍したスポンジは焼き色の部分を削ぎとり、さらに半分にスライスする。

  • 2

    2

    一枚は回転台の真ん中にのせる。
    ポンシュの材料を合わせ、1/3量を刷毛でまんべんなく染み込ませる。

  • 3

    3

    泡立てた生クリームをのせ、パレットで全体に塗り広げる。
    ずっと塗っているとクリームがザラついてくるので、手早く塗る。

  • 4

    4

    水気を切ったフルーツを全体に散りばめ、軽く押さえて密着させる。
    フルーツはふちギリギリにはのせないように。

  • 5

    5

    さらに生クリームをのせ、パレットで塗り広げる。

  • 6

    6

    もう一枚のスポンジにポンシュを染みこませ、裏返してのせる。
    軽く押さえて密着させる。さらに上面にもポンシュを染み込ませる。

  • 7

    7

    全体を生クリームでカバーする。
    まずは上面にざっとクリームを塗る。

  • 8

    8

    次に側面を塗って、回転台を回してきれいな表面に整える。

  • 9

    9

    最後に角(ふち)にはみ出ているクリームを、パレットを寝かせるようにして中心に向かってすりきる。
    同時に上面を平に整える。

  • 10

    10

    全体がカバーされたところ。

  • 11

    11

    シームレス口金サントノーレ をつけた絞り出し袋に入れ、ふちから中心に向かって放射状に絞っていく。

  • Point

    Point

    シームレス口金サントノーレ の絞り方をさらに詳しく見るには
    こちら!

  • 12

    12

    絞りの完成。

  • 13

    13

    中心のスペースに飾り用にとっておいたフルーツ、チェリー、ハーブを飾る。

  • 13