抹茶と餡のぐるぐる食パン

レシピID 20220411013858

2種類の生地で作りますが、捏ね上げた生地を2つに分けて作るので思ったよりも手間入らずです。
味のバランスも見た目のインパクトも良い渦巻きパンです。

  • 中級レベル
  • 50分
  • オーブン

※レシピや画像の無断転載、営利目的利用はご遠慮ください。

作り方

  • 準備1

    準備1

    材料を全て計量し、バターは室温に戻しておく

  • 2

    2

    5gの水で抹茶を溶き、ペースト状にしておく。

  • 工程1

    工程1

    粉とスキムミルクを混ぜ合わせ、粉の中央に窪みをつけてイースト加え、少量の水で溶きながら粉と合わせる。

  • 2

    2

    砂糖、塩を残りの水で溶きながら全て加え、手早く混ぜ合わせていく。

  • 3

    3

    ある程度まとまったらボウルからを取り出し、作業台に軽く打ちつけるようにして捏ねていく。表面がなめらかになったら、生地を広げて、室温に戻しておいたバターを塗りこむようにして生地に合わせていく。

  • 4

    4

    まとまった生地が再びベタベタになるが、粉など足すことなく、捏ね続ける。広がった生地は時折カードで集めると早くまとまりやすい。生地がまとまってきたら二分割にする。

  • 5

    5

    一つの生地を広げ、準備で用意した抹茶のペーストを混ぜ込む。

  • 6

    6

    捏ね上げの目安は、生地をのばすと、指が透けるくらいに薄く伸びればOK。

  • 7 一次発酵

    7 一次発酵

    それぞれの生地をボウルまたはビニール袋に入れて、25〜28℃で90分ほど発酵させる。

  • 8

    8

    3倍くらいの大きさになれば一次発酵終了。

  • 9

    9

    一次発酵の間に型を用意する。
    米油を適量、型とフタに塗る。特に四隅はくっつきやすいので丁寧に。
    フィリングの餡も準備する。

  • 10 成型

    10 成型

    プレーン生地を、綺麗な面を上にしてボウルから取り出し、型の幅より細くなるようにのばし、裏返す。
    抹茶生地も同様に。このとき抹茶生地はプレーンよりも若干短くするようにすると仕上がりが綺麗。

  • 11

    11

    プレーン生地の上に、外周の1cmほど内側部分に小倉あんを均一に塗り広げる。

  • 12

    12

    抹茶生地を11の上に重ねて4辺を軽く押さえてくっつける。

  • 13

    13

    手前からくるくると巻き上げる。

  • 14

    14

    巻き終わりが下になるように型の中にいれ、乾燥させないよう発酵させる。

  • 15 2次発酵

    15 2次発酵

    25〜28℃で約70分発酵させる。生地の頂点が型の高さを超える寸前にフタをする。

  • 焼成

    焼成

    220℃で予熱をしたオーブンを200℃に下げ、約30分で焼き上げる。
    焼きあがったら、型を台に打ち付け型から外してパンを網などに取り出し、粗熱を取って完成。

※所要時間は発酵時間、焼成時間を除いた実質作業時間