春よ恋 高加水用で作る ふっくらリッチな純生ミニ食パン

レシピID 20210905005104

 吸水率の高い春よ恋(高加水用)を使って、85%近くまで水分量を増やして作ったミニ食パン。純生クリームを使った、リッチでふわふわの生地は、掴むとつぶれそうなくらい柔らかい焼き上がり。湯種を使って作ったパンのような、もっちりしっとりした食感が楽しめます。

  • 初級レベル
  • 120分
  • オーブン
  • 火気

※レシピや画像の無断転載、営利目的利用はご遠慮ください。

材料

ミニ食パン型 3台分

合計金額

お支払合計が5,980円(税込)以上で送料無料です。

作り方

  • 下準備

    ⚫︎温かめのお湯に生クリームを加え混ぜ、仕込み水を作る。仕込み水の温度はおよそ30度から35度ほど、触ってぬるいと感じるくらいの温度が目安。(捏ねる用)
    ⚫︎材料を全て計量し、常温に戻しておく。

  • 1 捏ね〜一次発酵

    1 捏ね〜一次発酵

    ボウルに強力粉とスキムミルク、塩を入れてあらかじめ混ぜた所に、砂糖とドライイーストを入れる。

  • 2

    2

    ドライイースト目掛けて準備した仕込み水を流し入れ、ゴムベラで混ぜる。

  • 3

    3

    ある程度粉が馴染み、粉っぽさが無くなったら台に出して捏ね始める。

  • 4

    4

    生地がまとまって滑らかになってきたら、バターを加えて更に捏ねる。

  • 5

    5

    バターが混ざって生地が滑らかになったらもう少し捏ね、生地が柔らかく、弾力が出て両手で広げてみて薄く膜がはるようなら捏ね上がり。

  • 6

    6

    油脂(分量外)を薄く塗ったボウルにとじ目を下にして置き、固く絞った濡れ布巾を被せて一次発酵。35度で40分から50分ほど、約2倍の大きさになるまで発酵させる。季節で気温や室温が異なるので、発酵時間や温度、発酵具合に気をつける。

  • 7 フィンガーテスト、パンチ

    7 フィンガーテスト、パンチ

    ふっくら2倍ほどの大きさに膨らんだら、粉をつけた指で中心部分をさしてみて、生地が戻ってこなければ発酵完了。戻ってくるようなら、10分ほど追加する。

  • 8

    8

    軽く握った手で生地のガスを抜く。

  • 9 ベンチタイム

    9 ベンチタイム

    40gの生地を3つ取ったら残りの生地を計量して6つに分ける。(だいたい30g前後)
    全部で9つに分けたら生地を丸め直して、固く絞った布巾をかけ、10分ベンチタイムを取って生地を休ませる。
    40gに分割した生地は真ん中の山になる部分なので、わかるようにしておく。

  • 10

    10

    ベンチタイムの間に、スプレーのオイルを型全体にふっておく。

  • 成形11

    成形11

    ベンチタイムが終わったら、まず40gに分割した生地を縦約12cm、横10cmほどの縦長の長方形に伸ばす。ドレッジの縦のサイズを目安にして伸ばすと良い。

  • 12

    12

    両側から中心に向かってたたむ。

  • 13

    13

    めん棒で軽くのばし生地の厚さを合わせる。この時、強く押して横に広げてしまうと、型に入らなくなるので注意する。

  • 14

    14

    下からくるくると巻き上げる。この時、強く巻きすぎないように注意する。

  • 15

    15

    巻き終わりを軽くつまんでとじ、残りの2つも同様に巻く。

  • 16

    16

    巻き終わりが型の側面にくるように配置して型に入れる。こうすると発酵時に膨らみやすい。
    真ん中には40gの生地を入れる。どちらの向きでも大丈夫です。

  • 17

    17

    3台分作ったら固く絞った濡れ布巾をかけ、二次発酵開始。

  • 18

    18

    真ん中の生地の頭が少しだけ型から出るくらいまで発酵させる。(35度で約30分ほど。)
    オーブンを200度に予熱開始。
    ※長い時間、大きく膨らむまで発酵させてしまうと、焼く時に生地が伸びず、表面に気泡ができたり、焼きシワになりやすいので注意する。

  • 19

    予熱が完了したら軽く強力粉(分量外)をふって200度のオーブンで13分ほど焼く。

  • 20

    焼き上がったら5cmほどの高さから型ごと落とし、生地の中に溜まった熱いガスを抜いて焼き縮みを防ぐ。

  • 21

    21

    そのまま型から出し、網の上で粗熱を取る。

  • 22

    22

    完全に粗熱が取れたら、袋に入れるなどして乾燥を防いで保存しておくと、翌日も柔らかいふわふわのパンになりますよ!