ティラミスケーキ

レシピID 20210307133659

TOMIZアソシエイト

TOMIZアソシエイト

イタリアの定番デザート「ティラミス」をホールケーキに仕上げました♪
マスカルポーネチーズ、卵黄を使ったコクのあるムースとコーヒーシロップをたっぷり含んだココアスポンジの味わいは絶品です。お祝いやイベントなどの特別な日にもぴったりなケーキ、ぜひ作ってみてください☆

  • 中級レベル
  • 90分
  • 冷蔵庫
  • 火気

材料

15cm丸型1台分

合計金額

お支払合計が5,980円(税込)以上で送料無料です。

作り方

  • スポンジ準備

    スポンジ準備

    薄力粉、ココアは合わせてふるう。
    型に型紙を敷く。
    オーブンを170℃に予熱する。

  • ムース準備

    ムース準備

    粉ゼラチンは冷水にふり入れてふやかす。
    生クリームは氷水にあて、7分立てにする。

  • 作り方1

    作り方1

    ココアスポンジを作る。
    ボウルに卵とグラニュー糖を入れて、湯煎にあて人肌くらいに温める。
    別のボウルにバター、牛乳も合わせて湯煎にあて溶かしておく。(50℃)

  • 2

    2

    ハンドミキサーの高速で3分半しっかり泡立てる。低速に切り替え、大きな泡がなくなるようにゆっくりと全体をまぜる。

  • 3

    3

    薄力粉、ココアを加えて、ゴムベラで切るように混ぜる。粉気が残っているうちに、溶かしたバター、牛乳も加えて更に混ぜる。バターと牛乳がムラなく混ざるまでよく混ぜる。

  • 4

    4

    型に流し入れ、数回、型を落として中の空気を抜く。170℃のオーブンで20~25分焼く。焼けたら型と型紙を外し、網の上で冷ます。

  • 5

    5

    シロップ用のグラニュー糖、お湯、インスタントコーヒーを合わせて溶かす。粗熱が取れたら、ラム酒を加える。

  • 6

    6

    4のスポンジを1cm厚さに2枚カットする。1枚は周り1cmをカットしておく。

  • 7

    7

    大きい方のスポンジをセルクルに入れ、上面にシロップをはたく。小さい方のスポンジには両面はたいておく。
    ※シロップの量が多いですが、すべて浸み込ませて下さい。

  • 8

    8

    ムースを作る。
    卵黄にグラニュー糖を加え、ホイッパーで白くもったりとするまですり混ぜる。

  • 9

    9

    鍋に牛乳を入れて沸騰直前まで温めたら、8に少しずつ加えて混ぜる。鍋に戻し入れる。

  • 10

    10

    ゴムベラでかきまぜながら弱火にかけ、表面の泡が消えてとろみがつくまで加熱する。
    ※鍋の大きさなどにもよりますが、4~5分かけて沸騰させないようにじっくり加熱します。火加減が強いとダマができるので気を付けてください。

  • 11

    11

    10の鍋にふやかしたゼラチンをほぐし入れ、溶かす。ボウルに漉し入れ粗熱を取る。

  • 12

    12

    別のボウルにマスカルポーネチーズをホイッパーで混ぜてやわらかくする。11を加えて混ぜる。

  • 13

    13

    泡立てておいた生クリームを2回に分けて加え、その都度ホイッパーで混ぜる。

  • 14

    14

    7のセルクルに2/3量程の13を流し入れ、小さい方のスポンジを真ん中になるようにのせる。空気が入らないようにスポンジを少し押して、残りのムースを流す。

  • 15

    15

    表面をパレットナイフなどで整え、冷蔵庫で半日~一晩冷やし固める。

  • 16

    16

    デコレーション用の生クリーム、グラニュー糖、ラム酒を泡立て、サントノーレ口金で絞る。

  • 17

    17

    ココアをふりかけ、温めたぬれ布巾などで周りをあたためセルクルを外す。

  • 18

    18

    ミントやアラザンを飾り、仕上げる。

  • 【著者プロフィール】

    【著者プロフィール】

    【name:永田絹佳】
    お菓子研究家、管理栄養士
    大手料理教室の教室講師として、料理・お菓子・パンのデモンストレーションやオリジナルレシピの開発、撮影などを5年間経験。
    現在、marimo cafe にて教室講師・アシスタントを担当。
    「心とからだの栄養になるようなお菓子作り」をモットーに、少しの量でも満足できるお菓子を提案します。
    ホームページはこちら インスタページはこちら