もちもち皮の桜餅

レシピID 20210304173743

西川 千栄 先生

西川 千栄 先生

桜餅は道明寺や焼き皮で包むタイプがありますが、白玉粉多めの厚めのもちもち生地で包んでみました。
餡を生地で閉じるので大福のように・・♪
桜咲く景色を想い季節のお菓子をお楽しみください。

  • 初級レベル
  • 30分
  • 火気

材料

6~7個分 

合計金額

お支払合計が5,980円(税込)以上で送料無料です。

作り方

  • 準備 1

    準備 1

    こしあんは20gずつ丸めておく

  • 2

    2

    桜葉の塩漬けは、たっぷりの水に5分ほど漬けて水気を切っておく

  • 3

    3

    軸の堅いところはカットしておく

  • 作り方 1

    作り方 1

    白玉粉に水をまず半量ほど加え、粒を潰しながらなめらかな生地に練り混ぜる

  • 2

    2

    残りの水と砂糖を加え混ぜる

  • 3

    3

    薄力粉をふるい入れてホイッパーで粉気がなくなるまで混ぜ合わせる

  • 4

    4

    紅麹パウダーを少量入れて色をつける
    焼くと色が濃くなるので、薄桃色にしたいときは、うっすら色づくくらいにしておく(小さじ1/8ほどから調整)

  • 5

    5

    フライパンやホットプレートを中火のやや弱めにし、生地を大さじ2ほど流し入れる
    桜葉の大きさに合わせ(今回は10×8cmほど)大きさを調整

  • 6

    6

    周りが固まってきたところで、うすいヘラなどで返す

  • 7

    7

    反対面も火を通す

  • 8

    8

    網などにのせていく

  • 9

    9

    皮は、先に焼いた方が表になるようにし、餡を真ん中より手前に置く

  • 10

    10

    半分に包んで、生地の端を閉じていく

  • 11

    11

    葉を巻く
    葉脈が見えるように巻きましたがお好みで

  • 12

    12

    まんじゅうポリシートでつつむ

  • アレンジ

    アレンジ

    生地に 桜葉パウダーを少量練り込み、桜花の塩漬をトッピングするのもおすすめ。