フライパンで作る関東風桜もち

レシピID 20171204101741

花びらのように薄く焼き上げた生地で、あんを包む関東風の桜もち。
必要な道具はボウルとフライパンだけ。
ホットプレートなどで焼けば同時に複数焼けるので、お客様がたくさん来た時にもおすすめです。
うす紅色の生地はもっちりとしていて、関西風桜もち(道明寺)とはまた違ったおいしさをお楽しみいただけますよ。

  • 初級レベル
  • 40分
  • 火気

※レシピや画像の無断転載、営利目的利用はご遠慮ください。

材料

10個分

生地

80g
15g
55g
120ml
色素(赤)
適量(耳かき一杯程度)
サラダ油
適量

合計金額

お支払合計が5,980円(税込)以上で送料無料です。

作り方

  • 準備

    準備

    ・桜の葉は水にさらして塩気を抜いて(約10分)、水気を切っておく。その後キッチンペーパーなどで水気をしっかりきっておく。

  • 準備
  • 準備2

    準備2

    ・こしあんは10等分し(1個20g)俵型に丸めておく。
    ・薄力粉をふるっておく。

  • 作り方1

    作り方1

    <生地を作る>
    分量の水に色素を溶かし、やや濃い目の色にする。

  • 2

    2

    白玉粉に(1)を少しずつ加えて均一になるようスプーンなどで混ぜる。

  • 2
  • 3

    3

    別のボウルにふるった薄力粉と上白糖をいれホイッパーで混ぜる。さらに(2)を少しずつ加えながらホイッパーでダマが残らないように混ぜる

  • 3
  • 4

    4

    <生地を焼く> フライパンを弱火にかけ、サラダ油を薄くひく。生地を小判形(7×10cm程度)に広げて裏表を焼く。 ※低温に設定したホットプレートでもきれいに作ることができます。

  • 4
  • 5

    5

    <仕上げる>
    あら熱が取れたら、用意しておいたあんを包んで巻く。

  • 5
  • 6

    水気をきった桜の葉でさらに包んでできあがり。