レシピID 20181101103423

パン 菓子パン

基本のパネトーネ

中級レベル

60分

印刷する

オーブン

藤野 幸子 先生

基本のパネトーネ。ドライフルーツが入ったイタリアのクリスマスのパンです。パネトーネ酵母を使うことによって、しっとりした本格的なイタリアのパネトーネがご家庭でも簡単に作ることができます。フィリングはパネトーネの定番オレンジとぶどうを練り込みました。パン生地にオレンジの香りをつけてゆっくり発酵させることにより風味豊かに仕あげてます。お好みで、甘いバルサミコをつけていただいても美味しいです。

このレシピを8人がお気に入りしています

9個分

パン生地
210g
40g
10g
2g
無糖ヨーグルト 30g
卵黄 2個
少々
40g
パネトーネマザー 18g
40g
生のオレンジの皮すりおろし(あれば) 1個分
フィリング
50g
大さじ1
70g
仕上げ
5g
適量

チェックした商品は全てTOMIZで購入できます!
*チェックボックスのない商品は只今在庫がありません。

作り方

  • 準備1

    オレンジピール40gと水40g(分量外)を合わせてミキサーにかけてペースト状にする。

  • 2

    ぶどうはひたひたの湯に10分つけてペーパーで水気を拭き取っておく。オレンジピール50gはグランマニエ大さじ1と合わせておく。

  • 3

    型にショートニングを薄く塗り、クッキングシートを底と周りにセットする

  • 作り方1

    パネトーネマザーと水30g(分量外)をあわせて混ぜる

  • 2

    準備1のオレンジピールピュレ、ヨーグルト、はちみつ、きび砂糖、卵黄、バニラペースト、オレンジの皮、1のパネトーネマザーを加えて混ぜる

  • 3

    別のボウルに準強力粉、塩を入れて、手で混ぜる

  • 4

    3に2を一気に加え、ヘラで混ぜてまとまったら台の上でこねる

  • 5

    5分ほどこねて生地が伸びるようになる

  • 6

    室温のバターを加えて、さらにこねる

  • 7

    薄い膜ができる

  • 8

    準備2のぶどうとオレンジピールを加えてさらに均一に混ざるまでこねる

  • 9

    ボウルに丸めて入れて、上からラップをして2倍になる場で発酵(20度で約4時間。時間は目安で必ず目で確認する)

  • 10

    2倍になる

  • 11

    生地を取り出し上下におる(くっつくようなら粉を降りながら)

  • 12

    さらに左右におり、ひっくり返す。

  • 13

    ボウルに入れなおし、ラップをして倍になるまで発酵。(20度約4時間。2倍になるまで。時間は目安で目で確認する)

  • 14

    生地を取り出し、軽く空気を抜く

  • 15

    丸めて型に入れて、乾いた布を被せて型の淵まで発酵(20度約2〜3時間 時間は目安で見た目で確認)

  • 16

    クープナイフで十字に切れ目を入れて、バター5gをのせる

  • 17

    予熱したオーブン180度で30分 さらに温度を170度に下げて焼く30分焼く。型から出して冷めたら茶こしで粉糖をかける

藤野 幸子 先生

現地レストランで学んだイタリア料理を中心に、
パン、お菓子の教室ラクッチーナサッチを主催。
食材の味をいかしたシンプルでおいしいパンやお菓子をご紹介します。

藤野 幸子 先生のレシピ