レシピID 20180303092446

洋菓子 ケーキ

桜の酵母パンケーキ

中級レベル

45分

印刷する

火気

BREAD海野 綾子 先生

ゴムベラで混ぜていくだけで生地作りも簡単!フタ付き容器で仕込むので発酵も楽々です。
ほんのり甘い生地に桜葉の塩気を効かせた、いくらでも食べられそうなパンケーキです。
そのままでも美味しいですが、桜餡クリーム、アガベシロップが好相性!

このレシピを4人がお気に入りしています

10㎝セルクル 4枚分

チェックした商品は全てTOMIZで購入できます!
*チェックボックスのない商品は只今在庫がありません。

作り方

  • 準備1

    計量する。

  • 準備2

    桜葉は水で軽く洗って塩抜きし、固い茎の部分は取り除く。

  • 準備3

    水気をペーパーなどで拭き取り、細切りにしておく。

  • 1

    フタ付き容器の中に粉、砂糖、塩を入れ、よく合わせる。

  • 2

    窪みを作り、アーモンドミルク、卵、酵母、桜葉を加え、素早く混ぜ合わせる。

  • 3

    生地が均一に混ざったら、室温で柔らかくしたバターを加え混ぜる。

  • 4

    全てが均一に混ざったら、平らにならし、フタをして1次発酵させる。

  • 5

    15℃前後で12~15時間、2.5倍くらいの高さなれば発酵終了。

  • 6

    ゴムベラで四隅の生地を持ち上げるようにしてガス抜きする。

  • 7

    セルクル型の内側にカットしたオーブンシートを貼り、テフロンフライパンの上にセットし、弱火で熱する。

  • 8

    濡れ布巾の上にフライパンを置き、底面の熱を均一化させた後、生地をすくい入れる。
    この時、セルクルの高さの半分位の高さまでとすること。
    3~4分に一度は濡れ布巾の上に置き、熱し過ぎないようにしながら12~14分、フタをして弱火でじっくりと焼く。

  • 9

    焼いている間に付け合わせの桜餡クリームを作る。 桜餡に生クリームを加え混ぜる。

  • 10

    固いようなら生クリーム、柔らかいようなら白あんを加えて、適度な固さのホイップ状にする。

  • 11

    生地がセルクルの高さ以上に上がり、周囲が少し乾いた状態となれば裏返すタイミング。

  • 12

    濡れ布巾に置いた後、セルクルをつけたまま裏返す。

  • 13

    裏面も同様に、フタをしてじっくりと12分ほど焼く。

  • 14

    セルクル、オーブンシートを外し、粗熱を取る。

  • 15

    塩抜きした桜葉、桜花(分量外)を皿に飾り、桜餡クリームを載せる。食べる直前にアガベシロップをかける。

※所要時間に発酵や焼成時間は含まない。

BREAD

海野 綾子 先生

横浜「ミモザクッキング」主宰、1998年の開校当初よりパン講師を勤める。国産小麦のしっかりとした粉の旨味、酵母が醸し出す優しい味わい、シンプルこそ感じることができる素材の美味しさに感動し、以降自然酵母や世界のパンを独学で研究。ル・コルドン・ブルー卒業。

海野 綾子 先生のレシピ