レシピID 20190703101229

和菓子 冷たい和菓子

あんず羹

初級レベル

60分

印刷する

WA・SWEETS西川 千栄 先生

干し杏で作った濃厚なジャムの生地に、杏の種の香りの羊羹生地を合わせました。
干し杏は甘酸っぱいアメリカ産が合います。もちろん、今が旬の生果実の手作りジャムでも!

このレシピを4人がお気に入りしています

流し函(中)1個分

あんず羹
4g
250g
120g
杏ジャム(上記できあがりより) 200g
100g
小さじ2

チェックした商品は全てTOMIZで購入できます!
*チェックボックスのない商品は只今在庫がありません。

作り方

  • 杏ジャム1

    干しあんずに熱湯を加え20分ほどおいてもどす。

  • 2

    砂糖を加え、被るくらいの量になるよう水を加え、やわらかくなるまで煮る。(20分ほど)

  • 3

    やわらかくなったらヘラでつぶしながら煮る。

  • 4

    出来上がり量250gほど。ここより200g使用。

  • 杏羹1

    白餡は、作業性をよくするためレンジで全体を温め(600Wで1分ほど)、 杏仁霜を加えてムラなくまぜる。

  • 2

    鍋に水を入れ、粉寒天を加えよく混ぜたら火にかける。

  • 3

    沸騰してから1~2分沸かしたら砂糖を加え混ぜ、さらに1~2分沸かす。

  • 4

    三分の一量を取り分け、白餡を加えよく混ぜ合わせる。

  • 5

    流し函に流し入れ冷ます。冷たい水を張ったバットなどにいれて冷ます。

  • 6

    鍋の残りの寒天液に杏ジャムを加え混ぜる。

  • 7

    先に流した白餡羹の表面がすこし固まってきたら杏羹の生地を静かに流す。(完全に固まる前に流すようにする)

  • 8

    固まったら好きな大きさにカットする。

WA・SWEETS

西川 千栄 先生

野菜イベントや料理教室のスタッフ、弁当屋や料理屋の厨房など食の現場に関わり続ける。旬の素材に恵まれる環境にあり、素材をいかした季節を感じる食事を大事にしたいと考える。和菓子製作と教室「おもたせ菓子研究室」のひとりとしても活動中。

西川 千栄 先生のレシピ