レシピID 20190321105758

洋菓子 ケーキ

桜香るふんわりロールケーキ

中級レベル

90分

印刷する

電子レンジ オーブン 冷蔵庫

酒匂 ひろ子 先生

ふんわり桜が香る軽いロール生地に極上桜あんにマスカルポーネを加えたコクのあるクリームと生クリームを巻き込んで春を感じるロールケーキに仕上げました。ロールケーキの生地はワンボールで作れます!

このレシピを16人がお気に入りしています

ロールケーキ天板1枚分

チェックした商品は全てTOMIZで購入できます!
*チェックボックスのない商品は只今在庫がありません。

作り方

  • 下準備1

    天板にオーブンシートを角をしっかり出して敷きこむ。霧吹きしてから敷くと、生地を流すとき紙がずれにくい。

  • 2

    ドルチェ、コーンスターチ、フリーズドライパウダー桜はあわせてふるっておく。

  • 3

    バターと牛乳を耐熱容器に入れ、ラップをしてレンジか、湯せんにかけて溶かしバター牛乳の状態にしておく。(レンジのかけすぎや、湯せんの場合は湯が入らないように気をつける)

  • 4

    桜花の塩漬けを水にさらして塩気とり(約30分)、ペーパーでしっかりと水分をふき取る。

  • 作り方1

    深めの大き目のボウルに卵白を、小さなボウルに卵黄を割りいれる。卵白の入ったボウルは直前まで冷蔵庫で冷やす。

  • 2

    ハンドミキサーで少しふんわりと白っぽくなるまで泡立てたら、グラニュー糖を3~4回に分けて少しずつ加え、ツヤのあるしっかりとしたメレンゲを作る。(ボウルを逆さまにしても落ちない固さ)

  • 3

    卵黄を1個ずつ、卵白のボウルに入れ、その都度泡だて器でぐるぐると混ぜる。ほんのり全体が黄色っぽい色になる。混ざればよいので混ぜすぎない。

  • 4

    下準備1でふるった粉類を2回に分けて加える。その都度、さっくりと泡だて器で混ぜる。泡だて器で混ぜるのがポイント。泡が消えにくくなる。

  • 5

    下準備2の溶かしバター牛乳に生地の一部をひとすくい加えて混ぜたら、全体に混ぜ込みゴムベラでしっかり混ぜる。

  • 6

    天板に生地を流し込み、ゴムベラやカードなどで隅まで生地を手早く広げる。余熱したオーブンに入れ、180度15分前後、焼き色が付くまで焼く(オーブンが2段あれば上の段で焼くと良い)

  • 7

    ケーキクーラーや網の上で冷まし、粗熱がとれたら巻き終わりの生地を斜めに切り落とす。 

  • 8

    桜あんとマスカルポーネチーズを小さめな泡だて器で混ぜ合わせ、半量はロール生地全体にうっすら伸ばして広げる。残りは桜口金をつけた絞り袋に入れる。生クリーム120gにグラニュー糖を加えて、氷水に当てながら気持ち固めに泡立てる。大き目のオーブンシートに焼き色が付いた面を下にしてクリームを広げる。

  • 9

    ロールケーキの生地の手前に多めに生クリームを乗せて広げ、巻き終り 約3cmは生クリームを塗らずに余白を作っておく。桜あんとマスカルポーネを生クリームの上に絞り出す。

  • 10

    手前のオーブンシートを両手で持ち上げながら、巻き始めの生地を芯にするつもりで内側に巻き込む。巻けたら定規などを使って、ぎゅっと巻きをきつくする。巻き終りを下にして冷蔵庫に入れ1時間ほど冷やす。

  • 11

    残りの生クリーム80gを氷水に当てながら7-8分立てにし、丸口金をつけた絞り袋に入れてトップに丸く絞る。その上に、桜の口金をつけた桜あんとマスカルポーネを搾り出し、桜花の塩漬けを適量並べる。フリーズドライパウダー桜をほんの少しクリームの上に振りかける。

酒匂 ひろ子 先生

料理家、料理教室主宰、フードコーディネーター。エコール辻東京校フランス・イタリア料理マスターカレッジ卒業。
料理教室HIROKO'S KITCHENでは手に入りやすい安全で身近な食材を使い「作りやすいレシピ」「カジュアルなおもてなしスタイル」をご提案。
イベントではオリジナルのアイシングクッキーやマフィンはいつも完売。企業のレシピ開発やスタイリング、雑誌、web媒体においても活躍中。

酒匂 ひろ子 先生のレシピ