レシピID 20170213105455

洋菓子 焼き菓子

サクサクキャメルピーカンパイ

初級レベル

60分

印刷する

オーブン 火気

パティシエール有希乃 先生

”世界一体にいいナッツ”と呼ばれるスーパーフード「ピーカンナッツ」をどっさりのせた、 発酵バター入りの生地で作るサクサクパイ。 アーモンドクリームに皮付きのアーモンドパウダーを使うのが香ばしさのポイント! キャラメルとの相性が抜群です♪

このレシピを35人がお気に入りしています

パイ生地(16cm1台分)
1枚
適量
アーモンドクリーム
50g
大さじ5(50g)
全卵 50ml(50g)
65g
大さじ1/2(7.5ml)
ピーカンキャラメル
大さじ2(10ml)
大さじ4(60g)
小さじ1(7g)
65ml
5g
1袋(100g)
仕上げ
適量
タルト型
1個

チェックした商品は全てTOMIZで購入できます!

作り方

  • 計量

    "<計量スプーンで計る場合> ・粉、砂糖類→ スプーンの背で押して、中に詰まった状態でまっすぐすり切ってください ・液体→ スプーンのフチの高さでまっすぐ一杯分計ってください ・水あめはスプーンを水で軽く湿らせてすくい、水で軽く濡らした指でかき出すと、取り出しやすくなります"

  • 準備

    ・パイシートは5分ほど常温に出して、固めに解凍します ・バター、卵はそれぞれ室温にもどします ・アーモンドパウダーは直前にザルでふるいます ・オーブンは(底の火が入りづらい場合は天板ごと)200℃に予熱します ・ピーカンナッツは160℃のオーブンで約12分、  中が軽く色づくまでローストし、冷ましておきます

  • 1(パイ生地)

    打ち粉を適度にうちながら、 麺棒で生地を2mm厚(パイシートの青い仕切り紙より、ひと回り大きくなる程度)に伸ばします。

  • 2(パイ生地)

    余分な生地をハサミで切り落とし、打ち粉が多い場合は刷毛で払います。

  • 3(パイ生地)

    麺棒で生地を巻き取り、タルト型の上に生地をのせます。 角と側面をしっかり指で押さえながら、型に手早く生地を敷きこみます。

  • 4(パイ生地)

    型のフチの上に麺棒を転がし、余分な生地を切り落とします。

  • 5(パイ生地)

    底にしっかりと貫通するよう、フォークで空気穴を開け、冷蔵庫で10分以上休ませます。

  • 6(アーモンドクリーム)

    柔らかめのポマード状(マヨネーズのような状態)にしたバターに、粉糖を2回に分けて加え、泡立て器で粉糖が見えなくなるまで混ぜます。

  • 7(アーモンドクリーム)

    卵を少しずつ加え(約4回)、その都度泡立て器で、きれいに馴染むまで混ぜ合わせます。

  • 8(アーモンドクリーム)

    アーモンドパウダーを加え、粉気がなくなるまで泡立て器で混ぜ合わせます。

  • 9(アーモンドクリーム)

    ラム酒を2回に分けて加え、その都度泡立て器でしっかりとなじませます。

  • 10(アーモンドクリーム)

    アーモンドクリームを流し、ゴムベラで表面を平らにならします。 200℃のオーブンで約40分焼きます。 【Point】 こんがりと底にきつね色の焼き色がつけばOK!パイはしっかり焼き込んだ方がサクサクして美味しくなります。 上面だけ焦げそうな場合は、上にアルミホイルをかぶせて、底に色が入るまで焼き足しましょう。

  • 11(ピーカンキャラメル)

    水、グラニュー糖、水あめをゴムベラで混ぜてから、中火で加熱します。 【Point】 加熱中に砂糖を混ぜると再結晶してジャリジャリに固まります。加熱中はゴムベラで触らず、色むらができたら取っ手を持って鍋を回す程度にしてください。

  • 12(ピーカンキャラメル)

    11がキャラメル色になる頃に、ちょうど生クリームが沸騰するよう別の鍋で加熱します。(目安:11が沸騰したら中火にかける)

  • 13(ピーカンキャラメル)

    11がキャラメル色になったら火を止めます。 【Point】 ある程度しっかり焦がさないと甘ったるい仕上がりに、焦がしすぎると焦げ臭く苦みが強すぎます。 透明感がなくなり全体が茶色く色づいたら、火を止めるタイミングです。

  • 14(ピーカンキャラメル)

    沸騰した生クリームを3回に分けて加え、噴き上げが落ち着いてきたら、ゴムベラで混ぜて全体を均一にします。 【Point】 一気に生クリームを加えると、噴きこぼれるので注意!

  • 15(ピーカンキャラメル)

    バターとピーカンナッツを加え、ゴムベラで混ぜます。

  • 16(仕上げ)

    粗熱の取れたパイの上にのせ、常温で冷やし固めます。 キャラメルが固まったら、パイのふちに粉糖をふって仕上げます。

パティシエール有希乃 先生

【計りのいらないレシピ】で簡単にプロの味!
10年間パティシエの現場で学んだ、簡単なのに「お店みたい!」と
褒められるちょっとした ”プロのコツ” をお教えします♪

パティシエール有希乃 先生のレシピ