レシピID 20160407151037

抹茶クリーム大福

中級レベル

90分

印刷する

電子レンジ 冷凍庫

WA・SWEETS西川 千栄 先生

冷たくて、柔らかくて、クリーミーなふんわり大福です。

お店で見かけたことがあるかもしれませんが、ちょっとの工夫で手作りできます。冷凍しながらの作業ですが慌てず手早く作ってみてください。

冷蔵庫で冷やしていただきますが、冷凍で保存もできます。

砂糖を一部トレハロースにして、冷やしたり、冷凍解凍しても固くなりにくくしています。抹茶のほろ苦さと香り、餡の甘さ、クリームが合って、なんともおいしく、コーヒーとも合う大福です。

 

このレシピを48人がお気に入りしています

10個分

抹茶用
5g
熱湯 10gほど
仕上げ用
適宜
適宜
使用する道具
1個

チェックした商品は全てTOMIZで購入できます!

作り方

  • 作り方1

    生クリームに砂糖を加え、しっかりめに泡立てる。

  • 2

    絞り袋か、スプーンで、丸く分けていき(6~8gずつ)、冷凍庫で凍らせておく。

  • 3

    こしあんに、お湯でよく溶いた抹茶を加え、よく混ぜ、20gずつ分けて冷蔵庫で冷やしておく。

  • 4

    生クリームが固まったら、餡で生クリームを包み、冷凍庫に入れておく。なるべく餡を広げておくと包みやすい。

  • 5

    バットに片栗粉を敷いておく。

  • 6

    耐熱ボールに白玉粉を入れ、水を2/3ほど加え、よく白玉粉のダマをつぶしてなめらかにしてから、残りの水を加える。

  • 7

    トレハロース、上白糖を入れてよく混ぜ合わせる。

  • 8

    ラップをして、電子レンジ(500W)で最初は1分半、その後約1分ずつ、その都度全体を混ぜ合わせながら、4分~5分かける。

  • 9

    もっちりつやが出るまで加熱したら、バットに取る。

  • 10

    生地の端を持ち、半分に折りたたみ、10等分する。きれいな面を下にしておくと後々包みやすい。

  • 11

    生地を広げ、餡をおき、生地の端どおしをくっつけるようにして手早く包む。

  • 12

    余分な粉をはらい、形を整える。

  • 13

    いただくときに抹茶を茶こしでふりかける。
    保存は冷凍庫か、冷蔵庫にて。

  • <アレンジ>

    生クリームや餡を変えてアレンジしてみても。

WA・SWEETS

西川 千栄 先生

野菜イベントや料理教室のスタッフ、弁当屋や料理屋の厨房など食の現場に関わり続ける。旬の素材に恵まれる環境にあり、素材をいかした季節を感じる食事を大事にしたいと考える。和菓子製作と教室「おもたせ菓子研究室」のひとりとしても活動中。

西川 千栄 先生のレシピ