レシピID 20161220184544

和菓子

ごま大福

初級レベル

30分

印刷する

電子レンジ 火気

WA・SWEETS西川 千栄 先生

国産の黒ごまを生地にたっぷり混ぜ込んだ大福です。 あんこはすこし存在感ある方が合うので、炊くときに国産原料のきび砂糖や甜菜糖を使って、すべて国産材料の手作りならではの大福を作ってみてもいいですね☆

このレシピを22人がお気に入りしています

材料 (8個分)
50g
50g
大さじ2
ひとつまみ
水     150g
大さじ2~3
300gほど
適宜

チェックした商品は全てTOMIZで購入できます!

※所要時間はあんこを炊く時間は含まず

作り方

  • 作り方1

    粒あんは8等分して丸めておく。
    ※粒あんの炊き方は、胡桃入り小豆おやきをご参照ください

  • 2

    バットに片栗粉をしいておく。

  • 3

    耐熱ボールにもち粉と白玉粉を入れ、水をまず半量くらい加えて粉をつぶすようにまんべんなく混ぜてから、のこりの水を少しづつ加えて全体を混ぜる。

  • 4

    砂糖、塩を加えまぜる。

  • 5

    軽くラップをして500wの電子レンジで1分半かけたら、取り出して全体をざっと混ぜる。その後1分ずつ、同じように加熱する。(計4分ほど)

  • 6

    全体に火が通りツヤがでてきたら、黒ごまを加え、むらなく混ぜ合わせる

  • 7

    片栗粉をしいたバットにひとまとめにおとす。

  • 8

    生地の片栗粉のついた底面の奥側の端をもち、手前に折りたたむようにして、二つ折りにし、生地を丸くまとめる

  • 9

    生地を8等分にする。
    *切り口がなるべく小さくなるように、親指と人差し指でちぎるようにわける
    *きれいな面(包んだ時に外になる面)を下にして置くと包みやすい

  • 10

    手に片栗粉をしっかりつけ、あんを包み、しっかり口を閉じ、閉じ口を下にしてバットに置いていく。 

  • 11

    形をととのえ、世余分な粉は刷毛ではらう。

WA・SWEETS

西川 千栄 先生

野菜イベントや料理教室のスタッフ、弁当屋や料理屋の厨房など食の現場に関わり続ける。旬の素材に恵まれる環境にあり、素材をいかした季節を感じる食事を大事にしたいと考える。和菓子製作と教室「おもたせ菓子研究室」のひとりとしても活動中。

西川 千栄 先生のレシピ