レシピID o-ni-201506b-01

和菓子 冷たい和菓子

葛粉入り杏水ようかん

中級レベル

60分

印刷する

火気

WA・SWEETS西川 千栄 先生

国産のドライあんずと手亡の白あんを使った水ようかん。葛を少し入れたので、なめらかな口当たりが楽しめます。ブランデーがよく合いますが、お子様用には入れなくても大丈夫です。召し上がる前に冷蔵庫で冷やしてその日のうちにどうぞ。

このレシピを23人がお気に入りしています

8人分

チェックした商品は全てTOMIZで購入できます!
*チェックボックスのない商品は只今在庫がありません。

※調理時間には冷蔵庫で冷やし固める時間は除く。

※ドライあんずは「干あんず(トルコ産)」もオススメです。

作り方

  • 1

    杏の蜜煮を作る。

    ※「あんずみつ豆」参照。

  • 2

    杏の蜜煮を1cm弱くらいにカットしておく。

  • 3

    水に粉寒天を加えよく混ぜてから火にかける。

  • 4

    沸騰したらそのまま1〜2分加熱し、砂糖を加えまぜて溶かす。

  • 5

    白あんを加えよく混ぜる。

  • 6

    水で溶いた葛粉を加え混ぜ、1〜2分加熱する。

  • 7

    杏とブランデーを加え混ぜて火からおろす。

  • 8

    ここで粗熱がとれて少しとろみがつくくらいまで冷ましてから型にいれるとあんずが沈まない。

  • 仕上げ 1

    流し函に流し固める。

  • 仕上げ 2

    うつわに流し固めても。

WA・SWEETS

西川 千栄 先生

野菜イベントや料理教室のスタッフ、弁当屋や料理屋の厨房など食の現場に関わり続ける。旬の素材に恵まれる環境にあり、素材をいかした季節を感じる食事を大事にしたいと考える。和菓子製作と教室「おもたせ菓子研究室」のひとりとしても活動中。

西川 千栄 先生のレシピ