レシピID o-ku-201508c-01

洋菓子

巨峰のレアチーズタルト

中級レベル

40分

印刷する

電子レンジ 冷蔵庫

SWEETSくまがい ゆうこ 先生

タルトカップに、混ぜるだけで簡単にできるレアチーズ生地を流し、巨峰を飾りました。ナパージュで艶をつけたり、ハーブを飾るだけでケーキ屋さんで売っているみたいな仕上がりに!
時間が経つとタルトが湿気てしまうので、お早めに召し上がってください。気になる方や少し長持ちさせたい方は、ホワイトのコーティングチョコレートをタルトに薄く塗っておくと湿気防止になります。

このレシピを58人がお気に入りしています

6個分

材料
6個(1ケース)
種無し巨峰 24粒程度
レアチーズ生地
100g
30g
牛乳 50g
3g
小さじ1〜2
80g
飾り用
適量
適量
チャービル 適量

チェックした商品は全てTOMIZで購入できます!
*チェックボックスのない商品は只今在庫がありません。

※粉ゼラチンは15gの冷水でふやかしておく。
※チャービル(ハーブの一種)はなくてもよい。

作り方

  • 1

    レアチーズ生地を作る。クリームチーズをやわらかく練り、砂糖を加えてなめらかにする。さらに牛乳を3回に分けて加え、その都度よく混ぜる。

  • 2

    レンジでふやかしたゼラチンを液状にとかし、(1)に混ぜながら加える。レモン汁も加える。

  • 3

    生クリームを液状のまま加え、なめらかになるまで混ぜる。ボウルごと冷蔵庫に入れ、たまに混ぜながらドロっとしたトロミがつくまで冷やす。

  • 4

    濃度がついたらクッキータルトにこんもりと流し込む。
    ※クッキータルトが湿らないようにしたいときは、パータ・グラッセ ピュールブランシュ(ホワイトのコーティングチョコレート)を湯煎で溶かし、刷毛で内側に薄く塗り、冷やし固めてからレアチーズを流すとよい。

  • 5

    冷蔵庫で十分にレアチーズを冷やし固める。巨峰の皮を剥き、6個以外は半割りにする。

  • 仕上げ1

    レアチーズが固まったら丸のままの巨峰を真ん中に置き、その周りに半割りの巨峰を6個ずつのせる。

  • 2

    ナパージュに対して1/4量ほどの水を加え、器にいれてレンジにかける。ブクブクと沸騰し、完全にナパージュがとけたら熱いうちに刷毛で巨峰にぬり、艶をつける。
    (器が熱くなるのでやけどに注意する) 
    固まってきたらまた温めてとかしてはぬるようにする。

  • 3

    好みで飾り用生クリームを固く泡だて、スプーンですくってのせたり好みの口金で絞ってのせ、チャービルを飾る。

SWEETS

くまがい ゆうこ 先生

葉山「サンルイ島」横浜「レジオン」世田谷「ル・パティシェ・タカギ」を経て、神奈川・中央林間でお菓子教室「クレーヴスイーツキッチン」主催。文京区 にて「 アトリエルカド」 も開講。著作に「デコレーションテクニック」「チョコレート菓子のテクニック」など多数。

くまがい ゆうこ 先生のレシピ