トリュフ・ギモーブ

レシピID o-ku-201002b-01

くまがい ゆうこ 先生

くまがい ゆうこ 先生

ギモーブとはいわゆる「マシュマロ」のこと。フランスでは砂糖菓子(コンフィズリー)の一種としてギモーブと呼ばれています。

コーヒーのギモーブにチョコがけをした「トリュフギモーブ」はちょっぴり大人の味になります。ぜひ挑戦してみてください。

  • 中級レベル
  • 50分
  • 冷蔵庫
  • 火気

材料

合計金額

お支払合計が5,980円(税込)以上で送料無料です。

作り方

  • 準備

    準備

    (材料 B)の粉ゼラチンは水30gで十分にふやかしておく。

  • 工程 1

    工程 1

    コーヒーのギモーブを作る。

    (準備)でふやかした粉ゼラチン、転化糖、インスタントコーヒーをボウルに入れる。

  • 2

    2

    (材料 A)を小鍋に入れる。中火にかけ、温度計で計って109〜110度まで煮詰める。

    ※やけどに注意する。

  • 3

    3

    (工程 2)を(工程 1)のボウルに注ぎ、泡だて器で軽く混ぜてゼラチンを溶かす。溶かしたら、すぐにハンドミキサーの高速で泡立てる。

  • 4

    4

    十分に泡立てていくと、徐々に白っぽくなり、もったりとしてくる。

    絡みつくように重くなってきて、絞れるくらいの固さになったら泡立て終了。

  • 5

    5

    オーブンシートやクッキングペーパーの上に溶けない粉糖を茶漉しで軽くふり、その上に直径1cmの丸口金をつけた絞り袋で好みの大きさに絞り出して固める。

  • 6

    6

    溶けない粉糖をまぶす。

  • 7

    7

    コーティング用のノベルビター(上掛け用チョコ)とスイートチョコレートを合わせて湯せんで溶かし、深みのある容器に移す。

  • 8

    8

    チョコフォークなどを使ってコーヒーのギモーブをくぐらせる。

  • 9

    9

    ラップの上にココアまたは溶けない粉糖を薄く敷く。

  • 10

    10

    (工程 9)の上に並べていく。

  • 11

    11

    冷蔵庫に入れ、少し固まり始めたら、上から茶漉しでたっぷりとココアまたは溶けない粉糖をふる。

  • 12

    12

    よくまぶしつける。

  • 13

    13

    余分なココアを落として出来上がり。