成型時にアレンジして作るベーグル

レシピID o-ka-200808b-01

海野 綾子 先生

油脂を使わないローカロリーでヘルシーなパンとしてNYで脚光を浴び、日本でもすっかり定着したベーグル。

トッピングや成型時にアレンジを加えるだけでベーグルの種類は無限にも広がります。いろいろな組合せでバラエティ豊かなベーグルを作ってみてくださいね。

  • 中級レベル
  • 50分
  • オーブン

材料

6個分(リンゴンベリー&ピスタチオ、オニオンチーズ、ドライトマト&バジル各2個)

作り方

  • 【準備】〜【分割〜ベンチタイム】までは 基本のベーグルを参照してください。

  • 成型 1

    生地の表面が上になるように置き、ガス抜き麺棒で楕円形に伸ばしたら裏返す。

  • 2

    リンゴンベリーとピスタチオを全体に広げる。

  • オニオンチーズの場合。

  • ドライトマト&バジルの場合。

  • 3

    偏らないように手前からクルクル巻いていく。

  • 4

    巻き終わりをしっかり閉じたら、中央から外側へ向かうように手の平で生地を転がし、20〜25cmくらいの紐を作る。

  • 5

    綴じ目を上にして輪の形を作り、紐の一方を親指で潰して平らにする。

  • 6

    もう一方の先端をやや細くし、輪になるよう重ねる。平らな方で生地を包み込むように閉じて輪をつなげる。

  • 7

    成型できた生地は綴じ目を下にしてキャンバスの上に置く。残りも同様に成型する。

  • 二次発酵

    25〜28℃で約40分発酵させる。約2倍の大きさになれば二次発酵終了。

  • ケトリング〜仕上げ 1

    鍋にたっぷりの水を入れ、きび砂糖(分量外)を入れて沸かしておく。水1Lにつき、きび砂糖は大さじ1杯の割合にする。

  • 2

    綴じ目を上にして、静かに鍋の中へ入れる。このとき、火は弱火〜中火で、グラグラと沸騰していない状態を保つこと。

  • 3

    片面約30秒おいた後は、静かに裏返して約30秒おく。

  • 4

    網杓子で生地をすくって、水気を切り、生地を滑らせるようにして天板に配置する。オニオンチーズ、ドライトマト&バジルには生地が熱いうちにチーズをのせる。

  • 焼成

    210℃で予熱をしたオーブンで190℃に下げて約18分で焼き上げる。

    リンゴンベリー&ピスタチオのできあがり。

  • オニオンチーズのできあがり。

  • ドライトマト&バジルのできあがり。