レシピID 20200219001304

パン 食パン・シンプルパン

栗と小豆の抹茶ブレッド 手ごね編

初級レベル

20分

印刷する

オーブン 火気

BREAD海野 綾子 先生

とても扱いやすい生地なので、捏ねるのも成型も楽々!
焼きっぱなしでもOKですが、最後にアイシングや栗などを飾ればワンランク上の仕上がりに。
とても簡単なのに手が込んでいるように見えるので、プレゼントなどにも喜ばれますよ!

このレシピを45人がお気に入りしています

アルタイト食パンケース スリム 2本分

チェックした商品は全てTOMIZで購入できます!
*チェックボックスのない商品は只今在庫がありません。

作り方

  • 準備1

    材料を計量をする。

  • 工程1

    ボウルの中に粉、抹茶パウダー、パネトーネ酵母、スキムミルクを入れ、色が均一になるまで混ぜる。

  • 2

    溝を作り、砂糖、塩を入れ、溶かすように水を加える。

  • 3

    油を加え、素早く全体を混ぜる。

  • 4

    ひとまとまりになったら作業台に取り出し、艶やかになるまでよく捏ね、ビニール袋またはフタ付き容器に入れる。
    冷蔵庫野菜室で一晩発酵させる。室温で発酵させても良い。

  • 5

    約2.5倍の大きさになれば一次発酵終了。

  • 6

    2分割にして、それぞれ丸めなおす。1個あたり約240g

  • 7

    ベンチタイムの間にフィリングを準備する。軽く水気を取っておく。

  • 8

    型の内側に米油(分量外)を薄く塗っておく。

  • 9

    生地を20分ほど休ませたら、めん棒で横長の長方形に伸ばし、裏返ししたところに、手で砕いた栗、小豆を散らす。

  • 10

    手前からくるくると巻き込み、とじる。

  • 11

    5~6等分にカットする。

  • 12

    型にカット面を上にして並べる。もう一つも同様に。

  • 13

    乾燥させないよう2次発酵させ、型の8分目くらいの高さまで生地が上がってきたら、発酵終了。

  • 14

    200℃に予熱したオーブンに入れ、180℃に下げて約25分で焼き上げる。途中、焼き色がつきすぎる場合は、温度を下げる。
    焼成後は、型に軽くショックを与え、パンを丁寧に取り出す。

  • 15

    焼成中にアイシングの準備をする。

  • 16

    粉類を合わせ、水を少しずつ入れながら混ぜ合わせる。ゆっくりと線がかけるような固さになるように調整しながら水を加える。
    ※抹茶が多すぎると苦くなるので味をみながら入れる量は加減する。

  • 17

    焼成後、粗熱がとれたら、トップにアイシングをかける。アイシングが乾かないうちに、トッピング用の砕いた栗や刻んだピスタチオを適宜飾る。

※発酵時間を除く
※粉は粗蛋白量、灰分量が同量のもので代用可です

BREAD

海野 綾子 先生

横浜「ミモザクッキング」主宰、1998年の開校当初よりパン講師を勤める。国産小麦のしっかりとした粉の旨味、酵母が醸し出す優しい味わい、シンプルこそ感じることができる素材の美味しさに感動し、以降自然酵母や世界のパンを独学で研究。ル・コルドン・ブルー卒業。

海野 綾子 先生のレシピ