レシピID 20200210235817

パン 蒸しパン

吟醸酒の酒粕で酒まんじゅう

初級レベル

30分

印刷する

オーブン 火気

WA・SWEETS西川 千栄 先生

酒まんじゅうは日本最古の饅頭ともいわれ、古くから食べられてきたお菓子です。
もともとは麹の力で発酵させた生地だったようですが、
今回はお手軽に、健康効果でも注目されている酒粕を練り込んで。
中餡はこしあんが多いですが、粒あん、白粒あんもよく合います!
味わい深いおまんじゅう、蒸したてをどうぞ♪

このレシピを46人がお気に入りしています

6個分

中餡
中餡(今回は手亡いんげんの粒あん)手作りする場合(できあがり約600g)
200g
180g

チェックした商品は全てTOMIZで購入できます!
*チェックボックスのない商品は只今在庫がありません。

作り方

  • 準備1

    中餡を6等分しておく
    (手亡いんげんの粒あんを手作りする場合は、桜の花小餅( レシピID 20180209181803)をご参照ください)

  • 2

    蒸し器の準備をしておく
    (蓋の露が落ちないように布巾をかませておく)

  • 作り方1

    酒粕に水を加え、レンジで30秒ほど温めたらボールに移し、ホイッパーでよく混ぜなめらかな状態にする

  • 2

    砂糖と油を加え、よく混ぜ合わせる

  • 3

    薄力粉とベーキングパウダーを合わせてふるい入れたら素早く混ぜ合わせる

  • 4

    薄力粉をしいたバットにひとまとめに落とす

  • 5

    生地を持って裏返し、全体に粉をまぶす

  • 6

    生地を6等分する

  • 7

    手粉をつけながら餡を包む
    生地が厚い部分が割れやすいので全体均等になるように

  • 8

    蒸し器にクッキングシートを敷き、間隔を少し開けて置き、10分ほど蒸す
    あまり強火だと割れる可能性があるので中火くらいがおすすめ

  • 9

    蒸し上がったら手水をつけて取る

WA・SWEETS

西川 千栄 先生

野菜イベントや料理教室のスタッフ、弁当屋や料理屋の厨房など食の現場に関わり続ける。旬の素材に恵まれる環境にあり、素材をいかした季節を感じる食事を大事にしたいと考える。和菓子製作と教室「おもたせ菓子研究室」のひとりとしても活動中。

西川 千栄 先生のレシピ