レシピID 20180209181803

和菓子 だんご・もち・練りきり

桜の花小餅

初級レベル

40分

印刷する

電子レンジ 火気

WA・SWEETS西川 千栄 先生

春が近づいてきたら、春色のお菓子を作りましょう♪生地に桜花を練り込むと、色だけでなくほどよい塩気もアクセントになります。
いんげんを煮たあんが、もっちりやわらかな生地と合いますが、白小豆を煮て餡にしてもとても上品なお餅になります。
花見のもち寄りにも活躍しますよ。

このレシピを26人がお気に入りしています

10個

中餡
白つぶ餡 200g
※中餡(出来上がり約600g)
200g
170g

チェックした商品は全てTOMIZで購入できます!
*チェックボックスのない商品は只今在庫がありません。

※中餡は煮上がり約600gより200gを使用します

作り方

  • 餡を煮る1

    手亡いんげん豆は、洗ってたっぷりの水に一晩つけて戻す

  • 餡を煮る2

    火にかけ、柔らかくなるまで煮る
    (圧力鍋なら、最初火にかけ出てくる泡を取り除いた後、ひたひたの水で圧力をかけて10~12分、
    鍋なら、常に豆が水から出ないように気をつけながら40~50分)

  • 餡を煮る3

    芯全部の豆が芯まで柔らかくなったら砂糖を加える

  • 餡を煮る4

    強火にかけ、しっかり底がみえるくらいに固めに炊き上げ、バットに取る

  • 準備1

    手亡餡の粗熱が取れたら20gずつ丸める

  • 準備2

    桜花の塩漬けをさっと洗い塩を落とし、花びらをがくから外し、15分ほど水につけたら水気を切る

  • 準備3

    食用色素に水を少量加え、よく溶いておく

  • 準備4

    バットにかたくり粉をしく

  • 生地1

    白玉粉に、水の2/3量ほどを加え、なめらかになるよう混ぜる

  • 生地2

    残りの水を加えまぜたら砂糖を加え混ぜる

  • 生地3

    食用色素を少し加える
    ほんの少しでも色がつきやすいので様子をみながら加える

  • 生地4

    うっすら色がつく程度がきれい

  • 生地5

    電子レンジ(500W)にまず1分半かけ、全体を混ぜ合わせ、さらに1分かけたらまぜを繰り返す

  • 生地6

    全体に火が通り少し透明感とつやがでたら(4~4分半)桜花を散らしながら加える

  • 生地7

    まんべんなく混ぜ合わせる

  • 生地8

    バットにひとかたまりに取り出す

  • 生地9

    生地を折りたたむか、上から片栗粉をかけて全体に粉をまぶす

  • 生地10

    生地を10等分する

  • 生地11

    手に粉をしっかりつけて餡を包む

  • 生地12

    しっかり閉じ、閉じ口を下にして置いていく

  • 生地13

    形をととのえ、余分な粉をはらう

  • 出来上がり

    出来上がり

  • アレンジ

    白生地は、食用色素を加えずに同様に作る

所要時間に餡を煮る時間は含みません

WA・SWEETS

西川 千栄 先生

野菜イベントや料理教室のスタッフ、弁当屋や料理屋の厨房など食の現場に関わり続ける。旬の素材に恵まれる環境にあり、素材をいかした季節を感じる食事を大事にしたいと考える。和菓子製作と教室「おもたせ菓子研究室」のひとりとしても活動中。

西川 千栄 先生のレシピ