抹茶と大納言のパウンドケーキ

レシピID 20190622095033

cuocaのレシピ

cuocaのレシピ

香り高い宇治抹茶パウダーを使用して、アクセントに鹿の子大納言を散らした和風のパウンドケーキ。
緑色の生地と大納言の黒のコントラストも美しいので、プレゼントにもおすすめ。緑茶やほうじ茶と合わせて、ステキなティータイムをお楽しみください。

  • 初級レベル
  • 60分
  • オーブン

作り方

  • 準備

    準備

    ・バターを常温に戻し、指で軽く押すとへこむ程度の状態にしておく。 ※1cm角くらいに切るとムラなく、短時間でやわらかくできます。
    ・卵を常温に戻す。
    ・粉とベーキングパウダーを一緒にふるっておく。
    ・型に敷き紙を敷く。 ※敷き紙は縦横高さを測り、展開図のように切ったり、長方形の敷き紙を十字に重ねて型に敷いていく。
    ・オーブンは180℃に温めておく(予熱)。

  • 抹茶クリーム

    抹茶クリーム

    抹茶パウダーとグラニュー糖を一緒に混ぜ、生クリームを加えホイッパーで混ぜる。

  • 生地1

    生地1

    バターをホイッパーでほぐし、クリーム状になるようすり混ぜる。

  • 2

    2

    塩を加えてよくすり混ぜ、続いてグラニュー糖を加えて、白っぽくなるまで混ぜる。
    ※目安は砂糖の粒がなくなるまで。空気をしっかり含ませることによって、生地のふくらみを助けます。

  • 3

    3

    ほぐしておいた卵を少量ずつ3〜5回に分けて加える。
    ※卵が冷たいとバターが冷え固まって分離の原因になります。20℃程度が理想的な温度。
    また、卵を分量の半分くらい入れた段階で粉の一部(全体の1/3〜1/4) を加えておくと、粉が水分を吸収するので分離しにくくなります。

  • 4

    4

    抹茶クリームを(3)に混ぜ合わせる。大納言も一緒に加えて混ぜ合わせる。

  • 5

    5

    (4)に粉とベーキングパウダーを一度に加える。 切るように手早く混ぜ、粉気がなくなり、つやが出るまでしっかり混ぜる。
    ※こねすぎるとネバリの原因であるグルテンが発生してしまうので、注意しましょう。

  • 6

    6

    カードで生地を型にいれ、トンと軽く空気を抜く。焼き上がりの膨らんだ形をきれいにするために、長辺の端を高く、中央をへこませた状態にならす。
    ※型のスミまで生地を行きわたらせることによって、焼き上がりの形が美しく仕上がります。

  • 7

    7

    予熱しておいたオーブンに入れ、170℃で約45分焼く。竹串を刺してみて、生地がついてこなければできあがり。
    ※中央部に焼き色がつき、指で押すとはね返るのが目安です。

このレシピを見た人はこの商品を購入してます。