レシピID 20190204105938

洋菓子 チョコレート菓子

生チョコキャラメル

初級レベル

15分

印刷する

電子レンジ 冷蔵庫 火気

酒匂 ひろ子 先生

口解けの良い生チョコキャラメル。クセになる美味しさ!少ない材料で手軽に作れます。

このレシピを15人がお気に入りしています

バット1枚分(17x13)

チェックした商品は全てTOMIZで購入できます!
*チェックボックスのない商品は只今在庫がありません。

作り方

  • 1

    キャラメルを作る。小さめの鍋にグラニュー糖、水を入れて中火にかける。グラニュー糖がすべて溶けきるまでは絶対ヘラなどで混ぜない。鍋をゆする程度にする。

  • 2

    耐熱容器に生クリームを入れラップをして温める(600w1分程度)。クーベルチュールフレークを入れて少しおいてから泡だて器でしっかり混ぜてなじませる。

  • 3

    キャラメルのグラニュー糖が溶けきり、軽く沸騰したところで火を止める。②を少しずつ加え、泡だて器でよく混ぜる。最後にバターを加える。

  • 4

    オーブンシートを敷いたバットに流し入れる。粗熱が取れたら冷凍庫で約30分間冷やす。お好みのサイズにカットしてオーブンペーパーなどでひとつずつくるむ。

  • ポイント1

    生チョコキャラメルをカットするとき、包丁を少し温めてから切ると、キレイに切れます。すぐべたついて来るので冷凍庫で冷やしながら作業するのをお勧めします。

  • 2

    溶けやすいので、保存は冷凍庫で。

  • 3

    キャラメルを包むオーブンペーパー(ワックスペーパー)は表面がつるんとしているものがお勧め。

酒匂 ひろ子 先生

料理家、料理教室主宰、フードコーディネーター。エコール辻東京校フランス・イタリア料理マスターカレッジ卒業。
料理教室HIROKO'S KITCHENでは手に入りやすい安全で身近な食材を使い「作りやすいレシピ」「カジュアルなおもてなしスタイル」をご提案。
イベントではオリジナルのアイシングクッキーやマフィンはいつも完売。企業のレシピ開発やスタイリング、雑誌、web媒体においても活躍中。

酒匂 ひろ子 先生のレシピ