レシピID 20181025114419

和菓子 だんご・もち・練りきり

和栗づくし(浮島と栗羊羹)

初級レベル

60分

印刷する

冷蔵庫 火気

WA・SWEETS西川 千栄 先生

和栗の渋皮煮を浮島の生地に入れ、和栗のペーストだけで練った濃厚な羊羹を合わせました。 手作りならでは、素材を選んだ季節のお菓子です。

このレシピを19人がお気に入りしています

流し函(中)1台分

浮島生地
100g
卵黄(Lサイズ) 1個分
15g
卵白(Lサイズ) 1個分
10g
ネグリタラム 小さじ1
5~6個
羊羹生地
150g
大さじ2ほど
1.5g(小さじ1/2)
100g
25g
道具
1

チェックした商品は全てTOMIZで購入できます!
*チェックボックスのない商品は只今在庫がありません。

作り方

  • 準備1

    蒸し器の準備をする。 蓋から水滴が落ちないように布巾をかぶせておく。

  • 2

    流し函にあわせて紙をしいておく

  • 3

    渋皮煮を2~4カットにし、煮汁を切っておく

  • 作り方1

    こしあんと卵黄をよく混ぜ合わせる

  • 2

    米粉を入れムラなく混ぜ合わせる

  • 3

    卵白に砂糖を加え、角が立ち艶が出るまで泡立てる

  • 4

    餡の生地に卵白を半量ほど入れよく混ぜ合わせる

  • 5

    残りの卵白を加え、手早く艶がでるまで混ぜ合わせる

  • 6

    型に生地を半量ほど入れたら栗を並べさらに生地を加え、表面を平らにする

  • 7

    蒸し器に入れ、強火で10分、弱火にして15分蒸したら型から出し、粗熱をとっておく

  • 8

    栗ペーストに大さじ2ほどの水を加え、ダマのないようなめらかに混ぜておく

  • 9

    鍋に水を入れ、粉寒天をとかしたら火にかけ、1分ほど煮立てる

  • 10

    砂糖を入れ混ぜ、栗ペーストを加えたらムラのないよう混ぜ 全体に火が通るよう練る

  • 11

    流し函に流し、表面を平らにする

  • 12

    羊羹地が乾かないうちに浮島生地をのせ、羊羹地を冷やし固める

  • 13

    周りをカットし、好きな大きさに切る

WA・SWEETS

西川 千栄 先生

野菜イベントや料理教室のスタッフ、弁当屋や料理屋の厨房など食の現場に関わり続ける。旬の素材に恵まれる環境にあり、素材をいかした季節を感じる食事を大事にしたいと考える。和菓子製作と教室「おもたせ菓子研究室」のひとりとしても活動中。

西川 千栄 先生のレシピ