レシピID 20180524092040

和菓子 まんじゅう・どら焼き

茶とらやき

初級レベル

50分

印刷する

火気

WA・SWEETS西川 千栄 先生

どら焼きを焼くときに紙を敷くと虎模様に焼けます。 わら半紙を使うとはっきり模様が出ますが、オーブンペーパーだともわもわっと模様が表れます。 いろいろ試してみてもいいですね。 生地は、粒子が細かい黒糖を使ったのでやさしい色合いで、皮もおいしいとらやきです。

このレシピを4人がお気に入りしています

8~10個

材料
500gほど
2個
100g
40g
10g
本みりん 小さじ1
小さじ1/3
小さじ1/2
適宜
わら半紙または紙 8~10枚

チェックした商品は全てTOMIZで購入できます!
*チェックボックスのない商品は只今在庫がありません。

作り方

  • 準備

    "お好きな中餡を準備する 小豆を煮る場合は最後一瞬すじが見えるくらいの柔らかめに炊くのが生地と合う"

  • 準備

    わら半紙を8~10cm角に切っておく

  • 準備

    フライパンに敷く用の油を紙にしみこませておくと作業しやすい

  • 生地を作る1

    卵を割りほぐし、粉砂糖(黒糖)を加えむらなくよく混ぜる

  • 2

    はちみつ、みりん、水で溶いた重曹を加え混ぜる

  • 3

    粉をふるい入れ、むらなく混ぜたら20~30分休ませる

  • 4

    フライパンを中火の弱火に熱し、薄く油をしき、紙をおいたら生地を少し上から一点にむけて落とす(小さめサイズなら大さじ1杯ほど)

  • 5

    ふつふつと泡がでてきたら、皮ごと返す

  • 6

    裏面は、すこし真ん中が膨らんでくるくらい、20秒~30秒焼いて取り出す

  • 7

    紙の面を下にして、焼けたら重ねていく

  • 8

    全部焼き終えたら、最初に焼いたものから紙をはずす

  • 9

    大きさの同じようなものを組み合わせておく

  • 仕上げる1

    あんこを好きなだけのせる

  • 2

    もう一枚をのせ、上から端を抑えるようにぎゅっと合わせる

  • 3

    出来上がり

WA・SWEETS

西川 千栄 先生

野菜イベントや料理教室のスタッフ、弁当屋や料理屋の厨房など食の現場に関わり続ける。旬の素材に恵まれる環境にあり、素材をいかした季節を感じる食事を大事にしたいと考える。和菓子製作と教室「おもたせ菓子研究室」のひとりとしても活動中。

西川 千栄 先生のレシピ