カボチャと栗のクロワッサンプディング

レシピID 20170907161016

海野 綾子 先生

海野 綾子 先生

残ったクロワッサンの活用レシピです。
本来は固くなってしまったバゲットやカンパーニュの救済レシピですが、クロワッサンを使うことでとても贅沢なデザートに仕上がりました。
今回は「秋の味覚」ということで、栗やかぼちゃをプラス。召し上がる際にはメープルシロップをかけてどうぞ。

  • 初級レベル
  • 45分
  • オーブン
  • 火気

材料

3個分

クロワッサン

クロワッサン(焼いてから2日くらい経ったもの)
3個

プディング液

飾り

3~4個
かぼちゃ いちょう切り 
適宜

作り方

  • プディング液を作る 1

    プディング液を作る 1

    フィリングの計量をする。

  • 2

    2

    大き目のボウルに卵を溶き、そこに砂糖を加え、よく合わせる。

  • 3

    3

    かぼちゃペーストを混ぜ込む。

  • 4

    4

    マロンペーストを混ぜ込む。

  • 5

    5

    生クリームを加え混ぜる。

  • 6

    6

    牛乳を加え混ぜる。

  • 作り方1

    作り方1

    クロワッサンを1㎝幅くらい(ココットに入る大きさ)にカットし、かぼちゃのいちょう切りはラップして電子レンジにかけ柔らかくしておく。渋皮煮は縦半分にカットする。

  • 2

    2

    プディング液にクロワッサンを20分ほど漬け込む。

  • 3

    3

    ココットにバターを塗る。

  • 4

    4

    ココットに、クロワッサン、渋皮煮を入れる。

  • 5

    5

    残りの液を均一になるよう加え、かぼちゃのいちょう切りを飾る。

  • 6

    6

    オーブンを180℃に予熱しておく。 天板の上にキッチンペーパーを敷き、ココットをのせ、熱湯を加え、湯せん状態にする。(熱湯を入れてからの移動は危ないのでオーブンにセットしてから熱湯を手早く注ぐとよい。蒸気による火傷に注意!)

  • 7

    7

    オーブンを160℃に下げ、約20分で焼き上げる。