レシピID 20160825132538

あわ入りこはぎ

初級レベル

40分

印刷する

火気

WA・SWEETS西川 千栄 先生

あわは、粒の存在感の強い穀物。道明寺と合わせて蒸して、黄色い粒と風味を楽しみながらお召し上がりください。

いろいろな味を楽しめるように小粒のおはぎにしてみました。

このレシピを7人がお気に入りしています

12個分

材料
道明寺粉(4割、または5割) 100g
黄色もちあわ 20g
ひとつまみ
100gほど
80gほど
15gほど
15gほど
適宜
適宜

チェックした商品は全てTOMIZで購入できます!

*全粒こしあんを手作りする場合は、あわぜんざいを参照いただき、やや固めに練り上げてください。

*つぶあんを手作りする場合は、胡桃入り小豆おやきを参照ください。

作り方

  • 手順1

    あんは、外あんは20gほどずつ、中あんは10gほどに丸めておく。

  • 2

    きなこ、すりごまに、それぞれ砂糖を4~5割程度、塩をひとつまみほど、お好みの甘さにし準備しておく。

  • 3

    もちあわを洗い水気を切る。目の細かなザルか茶こしに入れ、水を入れたボールに受け、水を変えながら洗うとあわが流れ出るのを防げる。

  • 4

    ボールに道明寺とあわ、水をいれたらよく混ぜて、しばらく置いて水を吸わせる。

  • 5

    蒸し器の準備ををし、固く絞った濡れ布巾に、②の生地を入れ、強火で10分蒸す。

  • 6

    蒸しあがったら塩を加え、むらなく混ぜ合わせる。

  • 7

    生地を12等分にわける 約20gずつ。

  • 8

    つぶあん、こしあんで、それぞれ生地を包む。

  • 9

    きなこ、胡麻の生地は、生地で餡を包んでから、きなこ、ごまにそれぞれまぶす

  • 10

    まんじゅうポリシートで包んだり、グラシン型に入れたりしておすそ分けにも。

 

 

WA・SWEETS

西川 千栄 先生

野菜イベントや料理教室のスタッフ、弁当屋や料理屋の厨房など食の現場に関わり続ける。旬の素材に恵まれる環境にあり、素材をいかした季節を感じる食事を大事にしたいと考える。和菓子製作と教室「おもたせ菓子研究室」のひとりとしても活動中。

西川 千栄 先生のレシピ