レシピID 20151125095759

おいも

中級レベル

180分

印刷する

オーブン 冷蔵庫 火気

WA・SWEETS西川 千栄 先生

見た目も味も、おいも感たっぷりのお菓子をめざして・・

焼きたての生地は固いのですが、1日置くことでしっとりとして、さつまいも餡ともなじみます。

お好きなお芋でお試しください。

このレシピを26人がお気に入りしています

10個分

材料
80g
卵黄 1個分
コンデンスミルク 60g
重曹 小さじ1/3(1.5g)
小さじ1/3
適宜
さつまいもあん(300g)
さつまいも 300gほど
100gほど(さつまいもの2~3割)
10g
少々(お好みで)

チェックした商品は全てTOMIZで購入できます!

調理時間には生地を休ませる時間を含みます。

さつまいもは、買ってきた焼きいもを使ったり、鳴門金時芋あんや、紫芋あん を使うととてもお手軽にできます。

作り方

  • さつま芋あん 作り方1

    さつまいもは洗い、蒸し器でやわらかくなるまで蒸す(30分~40分)
    茹でる場合は皮をむき、輪切りにして茹でる。

  • 2

    蒸しあがったら皮をむき、熱いうちにマッシャーかすりこ木などでつぶす。

  • 3

    バターを加え混ぜ、白あんは芋の甘さを見て芋の量の2~3割加える。

  • 4

    なめらかになるまでお湯を加えまぜ(100~200g)、鍋に移す。
    ゆでた場合や、水分が多い芋の場合は、加えなくてもよい。

  • 5

    火にかけ練り、全体に火が通ったら火を止める。
    オーブンに入れることと、生地が水分を吸うことを考え、やや柔らかいくらいに。

  • 6

    30gずつ楕円にまるめておく。

  • 生地 作り方1

    卵黄とコンデンスミルクを混ぜ、水でといた重曹を加える。

  • 2

    薄力粉をふるい入れ、粉が見えなくなるまでよく混ぜる。

  • 3

    ラップをかけ冷蔵庫で1時間ほど休ませる。

  • 4

    バットにシナモンをうすく敷く。

  • 5

    オーブンを180℃に予熱する。

  • 6

    冷えた生地を10分割する。

  • 7

    生地をすこし広げ、さつまいも餡を包む。

  • <POINT>

    外側になる部分に薄力粉を少しつけると、べとつかず扱いやすい。

  • 8

    閉じた面を下にしてバットにおいていく。

  • 9

    生地全体にシナモンをまぶし、上からもふりかける。

  • 10

    形をととのえ、天板に並べ、箸などで穴をあける。

  • 11

    180℃のオーブンで、15分ほど焼く。

  • 12

    粗熱が取れたら、タッパーなどに入れ蓋をし、1日おいてからいただく。

  • 13

    オーブンペーパーなどにくるみ、焼きいもっぽくおすそ分けしてみても。

WA・SWEETS

西川 千栄 先生

野菜イベントや料理教室のスタッフ、弁当屋や料理屋の厨房など食の現場に関わり続ける。旬の素材に恵まれる環境にあり、素材をいかした季節を感じる食事を大事にしたいと考える。和菓子製作と教室「おもたせ菓子研究室」のひとりとしても活動中。

西川 千栄 先生のレシピ