レシピID 20180802132017

和菓子 まんじゅう・どら焼き

利休饅頭

中級レベル

60分

印刷する

冷蔵庫 火気

WA・SWEETSユイミコ 先生

(日持ち:2日) 見た目も味わいも素朴なお饅頭は、お茶請けにもピッタリです。千利休が茶会で好んで出したということから「利休饅頭」と呼ばれるようになったと言われていますが、茶饅頭や大島饅頭と呼ばれることもあります。 薯蕷粉が無ければ薄力粉に置き換えても作れますが、粉の一部を薯蕷粉にすると生地がよりしっとりと仕上がります。

このレシピを7人がお気に入りしています

約12個分

材料
55g
20g
25g
重曹 2g
80g
20g
360g

チェックした商品は全てTOMIZで購入できます!
*チェックボックスのない商品は只今在庫がありません。

作り方

  • 下準備1

    蒸し器を火にかけ、蒸気を上げておきます。蓋には布巾をかぶせ、下に水蒸気が垂れないようにします。

  • 下準備2

    蒸し器の中に布巾とオーブンペーパーを敷いておきます。 小豆こし餡は30gずつに切り分けておきます。

  • 1

    鍋に黒糖、上白糖、水を入れ、弱火にかけ溶かします。

  • 2

    溶けたらボウルに移し、水に浮かべて冷まします。

  • 3

    重曹を水(分量外。重曹と同量程度)で溶いて2に加えます。

  • 4

    粉類をふるって一度に加え、さっくりと混ぜ合わせます。 混ざったらボウルにラップをかぶせ、冷蔵庫で15分ほど休ませます。

  • 5

    薄力粉(分量外)を振ったまな板などの上に生地を取り出します。

  • 6

    手に粉をつけながら生地を15gずつ切り分け、小豆こし餡を包みます。※柔らかくべとつく生地ですが、余計な粉を入れすぎないよう、

  • 7

    俵型に成形して蒸し器に並べ、霧吹きで水を軽く吹きかけます。 ※膨らむので間隔をあけて並べましょう。

  • 8

    中火で約10分蒸し、蒸し上がったら網に乗せて熱を冷まします。

WA・SWEETS

ユイミコ 先生

小坂歩美・大森慶子の和菓子ユニット。2005年東京製菓学校卒業したのち、それぞれ和菓子店での勤務を経て、2008年より「ユイミコ」としての活動を開始。
自由が丘や世田谷、青山など、各地で和菓子教室を開催。
2015年9月に初のレシピ本「道具なしではじめられる かわいい和菓子」(講談社)を出版。
敷居が高いと思われがちな和菓子を気軽に楽しんでもらうための活動を広げる。

ユイミコ 先生のレシピ