レシピID o-se-201301b-01

料理 サブのおかず

煮豚と卵のしょうゆ漬け

初級レベル

150分

印刷する

冷蔵庫 火気

INNER BEAUTY関口 絢子 先生

焼豚用のブロック肉を柔らかく下茹でし、特製だし醤油に漬けるだけ。同じ醤油でゆで卵も漬け込みます。ごはんに乗せてどんぶり風に、ラーメンに、酒の肴にどうぞ。豚肉に多く含まれるビタミンB1は代謝を良くして体を温め疲労回復に役立ちます。

このレシピを35人がお気に入りしています

4人分

材料
豚肩ロースブロック 500g
4個
ネギの青い部分 1本分
生姜 1かけ
特製だし醤油
醤油 1カップ
小さじ1
ニンニク 1片
10g
小さじ1/2
150cc

チェックした商品は全てTOMIZで購入できます!

作り方

  • 1

    豚肉はたこ糸をかけて、煮崩れしないようにする。

  • 2

    肉がすっぽり入る鍋に肉とたっぷりの水、ネギの青い所、皮ごと輪切りにした生姜を入れ、肉が柔らかくなるまで2時間程度煮る。(圧力鍋の場合は圧がかかってから15分程度)

  • 3

    卵(常温)を沸騰した湯に入れ、6分茹でる。(6分はとろとろ状態、8分半熟、10分固ゆでを目安にお好みで)

  • 4

    冷水に取り殻をむく。

  • 5

    特製だし醤油の材料をファスナー付き保存袋に入れる。干し椎茸はそのまま、ニンニクは包丁の背で潰して加える。

  • 6

    柔らかくなった肉と卵を入れ、漬け込む。

  • 7

    冷蔵庫に入れてそのまま3時間程度漬けると食べごろ。(卵は1時間以内に取り出す)

INNER BEAUTY

関口 絢子 先生

インナービューティスペシャリスト・料理研究家として各種媒体を中心に活動。自らの体調不良を食で克服した経験をもとに「食から始めるアンチエイジング」をテーマに一生女性が輝き続ける為の食事法を紹介。セミナーや女性誌の特集で人気を集めている。著書多数。

関口 絢子 先生のレシピ