レシピID o-se-200512a-01

料理 サブのおかず

白いんげん豆のきんとん

初級レベル

90分

印刷する

火気

INNER BEAUTY関口 絢子 先生

もうすぐお正月。おせち料理に欠かせないきんとんを、茶巾にして和菓子風に仕上げました。コトコト豆を煮る間は、お鍋から立ち上る湯気が心和ませてくれそうですね。

このレシピを8人がお気に入りしています

作りやすい量(豆一袋分)

チェックした商品は全てTOMIZで購入できます!

作り方

  • 1

    豆はきれいに洗い、水にひと晩つけて戻します。

  • 2

    豆をつけ汁ごと火にかけ、沸騰したらごく弱火にして煮ます。この時豆が煮汁より表面に出ないようにし、出る場合は差し水をします。

  • 3

    豆がやわらかくなったら、砂糖を2回に分けて加え(塩は2回目に一緒に加えます)、ふっくら柔らかくなるまで煮ます。

  • 4

    豆の水分が煮詰まってきたら、すりこぎなどでつぶし、木べらで水分を飛ばしながらあん状にします。荒熱が取れたらラップでくるみ、茶巾にします。

INNER BEAUTY

関口 絢子 先生

インナービューティスペシャリスト・料理研究家として各種媒体を中心に活動。自らの体調不良を食で克服した経験をもとに「食から始めるアンチエイジング」をテーマに一生女性が輝き続ける為の食事法を紹介。セミナーや女性誌の特集で人気を集めている。著書多数。

関口 絢子 先生のレシピ