レシピID o-se-201307a-01

和菓子 冷たい和菓子

みつ豆

初級レベル

15分

印刷する

冷蔵庫 火気

INNER BEAUTY関口 絢子 先生

シンプルな寒天に赤えんどう、黒蜜で頂くみつ豆。寒天は常温でも固まるので、短時間で作れるデザートの素材としてオススメ。

このレシピを24人がお気に入りしています

4人分

材料
1/2本
500cc
1/2カップ
大さじ4

チェックした商品は全てTOMIZで購入できます!

※黒蜜を手作りする場合はクリーム白玉の黒蜜を参照

作り方

  • 1

    棒寒天を半分にちぎり、たっぷり水を入れたボールに浸し、柔らかくなるまで戻す。

  • 2

    しっかり水気を絞り、ちぎっておく。

  • 3

    鍋にちぎった寒天と水を入れて中火で火にかける。木べらで混ぜながら溶かして行く。

  • 4

    寒天が溶けると薄い黄色みを帯びた液体になリ、とろみが付いてくる。

  • 5

    器に流し冷やし固める。(ざるでこしてもいい)

  • 6

    一口大のさいの目に切り、器に盛り付け黒蜜と赤えんどうを添える。

INNER BEAUTY

関口 絢子 先生

インナービューティスペシャリスト・料理研究家として各種媒体を中心に活動。自らの体調不良を食で克服した経験をもとに「食から始めるアンチエイジング」をテーマに一生女性が輝き続ける為の食事法を紹介。セミナーや女性誌の特集で人気を集めている。著書多数。

関口 絢子 先生のレシピ