レシピID o-se-201210a-01

料理 メインのおかず

栗と鶏肉のクリーム煮

初級レベル

30分

印刷する

火気

INNER BEAUTY関口 絢子 先生

秋の食材、栗・キノコ類を使った鶏の煮込み料理です。 パプリカやクミンを使い、深い味わいとコクを出したお洒落な一皿。バターライスやバゲットに合わせても相性がよく、ワインにもぴったりなお料理です。

このレシピを13人がお気に入りしています

4人分

材料
鶏もも肉 2枚
1カップ
玉葱 1/2個
ニンニク 1かけ
キノコ類(シメジ・椎茸・マッシュルームなど) 中ざる1杯分
大さじ2
白ワイン 50cc
100cc
小さじ1
クミン(パウダー) 小さじ1
適量
適量
付け合わせ
ミントの葉 適量

チェックした商品は全てTOMIZで購入できます!

作り方

  • 1

    鶏肉は一口大に、玉葱・ニンニクはみじん切り、キノコ類は食べやすい大きさにする。

  • 2

    フライパンにオリーブオイルを引き、鶏肉の皮を下にして並べる。塩・ブラックペッパーをふって、中火で焼き色が付く程度に両面焼く。

  • 3

    ニンニク・玉葱・キノコ類を加えて全体を混ぜ、マロンエトフェ・白ワインを入れて蓋をし、3分蒸し焼きにする。

  • 4

    全体に火が通ったら、生クリーム・パプリカ・クミン・塩・ブラックペッパーで味を整え、煮汁にとろみが付くまで煮詰める。皿に盛り付け、ミントの葉を添えて完成。

  • Point

    スパイス類はお好みで加えてください。
    パプリカやクミンは料理に深みや独特の香りをプラスするので、クリーム系の料理にオススメです。

INNER BEAUTY

関口 絢子 先生

インナービューティスペシャリスト・料理研究家として各種媒体を中心に活動。自らの体調不良を食で克服した経験をもとに「食から始めるアンチエイジング」をテーマに一生女性が輝き続ける為の食事法を紹介。セミナーや女性誌の特集で人気を集めている。著書多数。

関口 絢子 先生のレシピ