レシピID o-se-200711b-01

和菓子 まんじゅう・どら焼き

栗まんじゅう

上級レベル

80分

印刷する

オーブン

INNER BEAUTY関口 絢子 先生

卵とバターの香るまんじゅう生地の中には、甘さ控えめの白あんとごろっと丸ごと一粒栗が隠れています。優しい味わいの栗まんじゅうは、和菓子好きはもちろん、洋菓子好きの方にもオススメできる一品です。

このレシピを55人がお気に入りしています

12個分

まんじゅうの皮
40g
1個
バター 10g
重曹 (同量の水で溶く) 小さじ1/4
100〜110g
白あん※
50g
150cc
60g
12個
適量(手粉用)
卵黄(つや出し用) 適量
適宜

チェックした商品は全てTOMIZで購入できます!
*チェックボックスのない商品は只今在庫がありません。

※白あんは市販の 白こしあん で代用可能です。

作り方

  • 1

    まんじゅうの皮の生地を作る。フードプロセッサーに砂糖と卵、重曹を入れる。

  • 2

    よく混ぜる。

  • 3

    (2)に薄力粉を加え混ぜる。

  • 4

    (3)をボールに入れて、生地がゆるいようなら粉を加えて耳たぶくらいの柔らかさにする。

  • 5

    ひとまとめにし、そのまま20分程度寝かせる。

  • 6

    白あんを作る。白さらしあんに水と砂糖を加えて火にかける。

  • 7

    よく混ぜながら練り上げる

  • 8

    まんじゅうの皮の生地を薄力粉(手粉用)を入れたバットに移し、粉を全体にまぶしながら棒状にし、12等分に分ける。

  • 9

    白あんは12等分し、水気をふいた栗のまわりに包み込む。

  • 10

    12個分作る。

  • 11

    (8)のまんじゅうの皮の生地に粉を両面にたっぷりはたいて広げ、(10)を生地全体で覆い包む。

  • 12

    余分な粉を払うように手で丸めて形を整える。

  • 13

    160℃にオーブンを温め、天板にまんじゅうをのせる。

  • 14

    全体に霧吹きでしっとりさせる。

  • 15

    卵黄を少量の水で溶いたものを、まんじゅうの表面にハケで塗る。

  • 16

    乾かないうちに、けしの実をふる。

  • 17

    オーブンに入れて160℃で約25分焼く。

INNER BEAUTY

関口 絢子 先生

インナービューティスペシャリスト・料理研究家として各種媒体を中心に活動。自らの体調不良を食で克服した経験をもとに「食から始めるアンチエイジング」をテーマに一生女性が輝き続ける為の食事法を紹介。セミナーや女性誌の特集で人気を集めている。著書多数。

関口 絢子 先生のレシピ