レシピID o-se-200706b-01

和菓子 冷たい和菓子

水まんじゅう

中級レベル

50分

印刷する

冷蔵庫 火気

INNER BEAUTY関口 絢子 先生

透明感のあるひんやり食感の生地に、渋めの抹茶あんを落として仕上げます。

名前のごとくするっとしたのど越しが、暑さを払う清涼感たっぷりの1品。

このレシピを67人がお気に入りしています

8個分

材料
50g
50g
300cc
抹茶あん (250g)
50g
70g
200cc
小さじ1
30g

チェックした商品は全てTOMIZで購入できます!
*チェックボックスのない商品は只今在庫がありません。

※こちらの容器もおすすめです。プリンカップ 130cc樽型 フタ付

作り方

  • 準備

    材料を用意する。

  • 1

    使用材料のうち、水あめを除く抹茶あんの材料を鍋に入れる。

  • 2

    弱火にかけて炊き上げる。

  • 3

    木べらから落ちないくらいの硬さになるまで混ぜる。

  • 4

    水あめを加える。

  • 5

    さらに練り上げる。

  • 6

    別鍋に葛粉と砂糖、水を入れる。

  • 7

    よく溶かす。

  • 8

    弱火にかける。

  • 9

    透明になるまで加熱する。

  • 10

    おちょこやプリンカップなどお好みの小さな容器を水でぬらす。

  • 11

    (9)の葛を底に流し、抹茶あんを中央に落とす。

  • 12

    更に葛を回りに流すように加えていく。

  • 13

    あんが隠れる程度になったらラップで被い冷蔵庫で冷やす。取り出すときは水をつけた手で容器からはがすようにしてひっくり返す。

  • 容器がない場合

    ラップできんちゃく状に包み、氷水に沈めよく冷やしてお召し上がり下さい。

INNER BEAUTY

関口 絢子 先生

インナービューティスペシャリスト・料理研究家として各種媒体を中心に活動。自らの体調不良を食で克服した経験をもとに「食から始めるアンチエイジング」をテーマに一生女性が輝き続ける為の食事法を紹介。セミナーや女性誌の特集で人気を集めている。著書多数。

関口 絢子 先生のレシピ