ポルチーニのラザニア・サフラン風味

レシピID o-se-200611b-01

関口 絢子 先生

ポルチーニは、いわばイタリア版干し椎茸。使いたい分だけ水に戻してさっと使える便利な食材です。香り高く、強いうま味をもつポルチーニは、リゾットやお肉のソース、ソテーなど、幅広く使われます。この特徴を生かして、ホワイトソースにうま味と香りを移し、さらにサフランの甘い香りと黄色い色をプラスしたスペシャルベシャメルソースで頂くラザニアです。具材はゆで卵とほうれん草という軽い組み合わせで、コクがあるのにペロッと食べられる・・・そんな1品です。

  • 中級レベル
  • 80分
  • ホームベーカリー
  • 火気

材料

4人分

材料

ラザニア
5枚
玉葱
1/2個
15g
ゆで卵
4個
ほうれん草
1束
150g
50g
大さじ3
牛乳
500cc
一つまみ

作り方

  • 1

    ほうれん草はさっと茹で4cm長さに切り、オリーブオイルでソテーし、塩・コショーで味を整える。

  • 2

    ポルチーニはたっぷりの水で戻し、水気を絞って粗く刻む。

  • 3

    玉葱はみじん切りにする。ゆで卵は粗く刻む。

  • 4

    サフランに大さじ2程度の水を加え、しばらく放置し黄色い色素を出す。

  • 5

    鍋にバターを溶かし、ポルチーニと玉葱を入れてさっと炒め、薄力粉を全体にふりいれ、粉っぽさがなくなるまで炒める。

  • 6

    冷たい牛乳とサフランを水ごと一気にいれる。

  • 7

    ホイッパーなどで全体をよく混ぜ、塩コショーで味を整え、とろみが付くまで十分加熱する。

  • 8

    ラザニアはたっぷり湯を沸かして塩を加え、パスタの要領で茹でる。(20分程度)

  • 9

    オーブン用耐熱容器にオリーブオイルをぬり、まずソース、ラザニア、ほうれん草、ゆで卵、チーズの順に2回重ねる。

  • 10

    3回目にソース、ラザニア、ソース、チーズで重ね合わせる。

  • 11

    230度のオーブンで、10分程度焼き色が付くまで焼く。