基本のガーリックラスク と おつまみラスク2種

レシピID 20210815125521

今でこそ、ラスク用のパンをわざわざ焼いて作るお店も増えましたが、そもそもは、パン屋さんの工夫としてバゲットやカンパーニュの売れ残りなどを薄くスライスしてオーブンの捨て火で焼いていたのが始まりです。
例えばバゲットのクープがうまく開かなかった時や、パンを多く作りすぎてしまった時など、是非お試しください。
もちろん、市販のパンでもOKです。

  • 初級レベル
  • 15分
  • オーブン
  • 火気

作り方

  • 1 バゲット準備<共通>

    1 バゲット準備<共通>

    前日までにバゲットを焼く、または購入する。
    ※バゲットの作り方は基本のフランスパン参照
    バゲットを7mm厚くらいの薄くスライスする。

  • 2

    2

    ベーキングペーパーの上に、重ならないようパンを並べ、100℃のオーブンで15分ほど乾燥焼きする。全体的にカリッと固くなっていれば焼き上がり。

  • 3 ガーリックラスク

    3 ガーリックラスク

    バターを室温に戻しつつ、他材料を準備する。
    にんにくは皮と芯を取り除き、みじん切りにする。
    パセリは葉の部分だけを摘み取り、みじん切りにする。

  • 4

    4

    バターをクリーム状になるまでよく練り混ぜる。

  • 5

    5

    塩、にんにく、レモン汁、パセリを順に加え、さらによく混ぜ、均一の色になればできあがり。
    ラップなどに包んで冷凍可能。冷蔵3~4日保存可能。様々な料理に使える。

  • 6

    6

    2の乾燥焼きしたバゲットの表面全体に5をたっぷりと塗る。

  • 7

    7

    150℃のオーブンで7~8分、軽く焼き色がつくまで焼く。にんにくは焦げると苦くなるので薄い焼き色でOK

  • おつまみラスク<青のり> 1

    おつまみラスク<青のり> 1

    1~2まで同様。材料を準備する。

  • 2

    2

    全ての材料を混ぜ合わせる。少し時間を置くと青のりがしっとりとする。

  • 3

    3

    乾燥焼きしたバゲットの表面全体に2をたっぷりと塗る。

  • 4

    4

    150℃のオーブンで7~8分、軽く焼き色がつくまで焼く。

  • おつまみラスク<小エビ> 1

    おつまみラスク<小エビ> 1

    1~2まで同様。材料を準備する。

  • 2

    2

    全ての材料を混ぜ合わせる。カイエンペッパーは少しでもとても辛いので好みで調節する。少し時間を置くと海老がしっとりとする。

  • 3

    3

    乾燥焼きしたバゲットの表面全体に2をたっぷりと塗る。

  • 4

    4

    150℃のオーブンで7~8分、軽く焼き色がつくまで焼く。

  • 5

    5

    色付けにパプリカパウダーをふりかける。

  • <手軽にフライパンで> 1

    <手軽にフライパンで> 1

    サンドイッチを作る際に取り除いた食パンのミミなど用意する。

  • 2

    2

    フライパンになるべく重ならないようにミミを入れ、弱火で乾燥焼きする。

  • 3

    3

    ミミがカリッとしてきたら、青のりフィリングを適量加え、弱火で和えながら再びカリッとしてきたら焼き上がり。