桜とホワイトチョコのブッセ

レシピID 20210320022551

TOMIZアソシエイト

TOMIZアソシエイト

桜の季節に食べたくなるような、可愛らしいブッセを作りました♪軽い食感のブッセ生地に、桜の葉の塩気がアクセントになったホワイトチョコのクリームが良く合います。お茶のお供にぜひ作ってみてくださいね。

  • 初級レベル
  • 40分
  • オーブン

材料

12個分

合計金額

お支払合計が5,980円(税込)以上で送料無料です。

作り方

  • 準備

    準備

    桜の花、葉の塩漬けはさっと洗い、水に5~10分水に浸して塩抜きをする。
    オーブンは170℃に予熱する。

  • 1

    1

    ボウルに卵黄とグラニュー糖A15gを入れ、ホイッパーで白っぽくもったりとするまで混ぜる。

  • 2

    2

    別のボウルに卵白を入れ、グラニュー糖Bを3回に分けて加えながらハンドミキサーで泡立てる。高速でピンと角が立つまで。

  • 3

    3

    ①に②のメレンゲの1/2量を加え、ホイッパーで均一になるまで混ぜる。残りの②を加え、ゴムベラで切り混ぜる。

  • 4

    4

    薄力粉をふるい入れ、粉気がなくなるまで混ぜる。

  • 5

    5

    丸口金を付けた絞り出し袋に入れ、オーブンシートを敷いた天板に直径4㎝程の大きさに丸く絞る。(計24コ)

  • 6

    6

    茶こしで粉砂糖を2回ふり、12個のブッセに水気を切った桜の花を上にのせる。
    170℃のオーブンで15分焼く。

  • 7

    7

    生クリーム、ホワイトチョコレートを合わせて湯煎あてて溶かし混ぜる。氷水にあてながらハンドミキサーで9分立てにする。

  • 8

    8

    水気を切った桜の葉の真ん中の葉脈を取り除き、葉を細かく刻んだものを加えて混ぜ合わせる。

  • 9

    9

    8のクリームを丸口金を付けた絞り出し袋に入れ、桜を付けていない12個のブッセ生地に絞る。

  • 10

    10

    桜を付けた生地をのせて仕上げる。

  • 【著者プロフィール】

    【著者プロフィール】

    【name:永田絹佳】
    お菓子研究家、管理栄養士
    大手料理教室の教室講師として、料理・お菓子・パンのデモンストレーションやオリジナルレシピの開発、撮影などを5年間経験。
    現在、marimo cafe にて教室講師・アシスタントを担当。
    「心とからだの栄養になるようなお菓子作り」をモットーに、少しの量でも満足できるお菓子を提案します。
    ホームページはこちら インスタページはこちら