春恋桜塩バターパン

レシピID 20210221173035

ちょりママ さん

ちょりママ さん

桜とバターがほのかに香る桜塩バターパンです。シンプルなパン生地に桜の塩漬けをトッピング。乳・油脂の香りと相性のよい「春よ恋プレミアム」を使い、おいしい粉の風味も感じられるように仕上げました。

  • 初級レベル
  • 115分
  • オーブン

作り方

  • 下準備

    下準備

    ・仕込み水のぬるま湯、白神こだま酵母、上白糖を入れ、軽く混ぜて約10分おく。
    ・桜の塩漬け(練り込み用)は茎を除く。※茎を除いたもので計量する。
    ・粉を計量し、上白糖、桜の塩漬け(練り込み用)、バター(食塩不使用)をボウルに入れる。
    ・桜の塩漬けのトッピング用は水に浸して塩抜きする。

  • 1

    1

    粉の入ったボウルに仕込み水を入れ、混ぜ合わせてひとまとめにする。台の上で叩き、ねじり伸ばしてまとめる作業を繰り返す。伸びがよくなり、全体的に弾力とツヤが出てきて薄い膜が張るようになったら、丸め直す。

  • 2

    2

    ボウルにバター(分量外又は生地の中に入れるバターであらかじめ塗っておくのもおすすめです)をぬり、40℃で40~45分、1次発酵する。
    ※お風呂程度の湯せんにかける湯せん発酵がおすすめです。

  • 3

    3

    生地が2倍の大きさになったら、*フィンガーテストをする。ガス抜きをして6分割する。ラップなどをして乾燥させないようにし、15分ベンチタイムをとる。
    *人差し指を生地に指し込んで指の跡が残っている状態。

  • 4

    4

    とじ目を上にしてめん棒で伸ばし、トッピング用バター(3g)を手前において両端を内側に折る。生地が二等辺三角形になるように折ってめん棒で伸ばす。

  • 5

    5

    桜の塩漬け(トッピング用)はキッチンペーパーで水気をとる。手前から巻くときに桜の塩漬け(トッピング用)をはさんで、とじ目をしっかりと閉じる。残りの6個も同様に成形する。

  • 6

    6

    40℃で40分、ひと回り大きくなるまで二次発酵する。
    ※オーブンにお風呂程度の湯を入れたボウルと一緒にオーブン庫内に入れ、オーブン機能不要の庫内発酵がおすすめです。

  • 7

    7

    180℃に予熱したオーブンで、12~13分ほど焼く。 型から出して網の上にのせて冷ます。