レシピID 20190411112325

洋菓子 焼き菓子

桜香るミニハート

初級レベル

90分

印刷する

電子レンジ オーブン 冷蔵庫

TOMIZアソシエイト

CHIYODAのミニハート型を使った、桜の香りを存分に楽しめるバターケーキです♪ 桜パウダーを使ったピンク色のグラス・ア・ローと、中の桜餡がアクセントになっています。 ポイントをしっかりと押さえることで、ふわっとした食感に仕上げることができます。 ミニハート型をお持ちでない場合のために、底径4.3cm×高さ3.5cmのミニマフィン型でもご紹介しています。

このレシピを7人がお気に入りしています

12個+直径6センチ程度のマフィン1個分

フィリング
桜あん 36g+20g (ミニマフィンは80g)
桜のグラス・ア・ロー
35g
0.5g
8g
デコール
適量

チェックした商品は全てTOMIZで購入できます!
*チェックボックスのない商品は只今在庫がありません。

作り方

  • 下準備1

    桜のデコールをつくる。 桜花の塩漬けを水にさらし、塩抜きをする。 水気を拭き取り、耐熱皿に並べて600wの電子レンジに向きを変えながら20秒ずつかけ、ドライフラワーをつくる。

  • 2

    バターと卵を室温に戻す。 バターは指で押すとすっと入るくらいの柔らかさ(約20°C)にする。

  • 3

    薄力粉・ベーキングパウダー・桜のパウダーを合わせて2回ふるっておく。

  • 4

    型にスプレーオイルを吹きかけておく。または、柔らかくしたバター(分量外)を塗り、上から強力粉(分量外)をふるって冷蔵庫に入れておく。

  • 5

    オーブンを190°Cに温め始める。

  • 桜のパータ・ケイクをつくる1

    バターをボウルに入れ、ホイッパーやゴムベラを使ってクリーム状に練る。 ※ここでしっかりとクリーム状にすることによって、次の工程が上手くいきます。

  • 2

    グラニュー糖を全量入れ、ハンドミキサーの高速で白っぽくなるまで混ぜる。 ※ここでしっかりと空気を含ませることによって、ふわっとした食感に焼き上がります。

  • 3

    全卵を5~6回に分けて入れる。その都度完全に乳化するまでハンドミキサーの低速で混ぜる。 ※卵の温度が低いとバターが固まって分離してしまいますので、必ず室温(約20°C)まで戻したものを加えて下さい。

  • 4

    ふるっておいた粉類をふるい入れ、粉気がなくなり、少し艶が出るまでゴムベラでさっくりと混ぜ合わせる。

  • 5

    直径1cmの丸口金をセットした絞り袋に生地を入れ、薄く型の1/4程度まで絞り入れる。(ミニマフィン型は1/3程度まで。)

  • 6

    桜あんを3グラムずつ計りながら乗せていく。(ミニマフィンは10gずつ)

  • 7

    残りの生地を、型の9分目を超えないように絞り入れる。(ミニマフィンは8等分して絞り切り、表面を整える。) ※ミニハート型をお使いの場合は、ここでマフィン約1個分の生地が余りますので、お味見用としてお好みの型に入れて焼いて下さい。その際の桜餡の量は20g程度、お好みで入れて下さい。

  • 8

    オーブンの温度を180℃に下げ、20分焼成する。(ミニマフィンは23分、ミニハートで余った生地は、マフィン型なら35分) ※オーブンの温度、焼成時間はご家庭のオーブンに合わせて調節して下さい。

  • 9

    焼き上がったら型から出し、ケーキクーラーに乗せて冷ます。

  • 桜のグラス・ア・ローをつくる1

    粉糖と桜パウダーをふるって容器に入れる。

  • 2

    水を加えて混ぜる。

  • 仕上げ1

    焼き上がったミニハートの表面をグラス・ア・ローにつけ、そのまま上下にふって余分を落としてひっくり返し、ケーキクーラーに並べる。二度づけすると綺麗に色が出ます。 (ミニマフィンはそのまま上からスプーンで乗せる)

  • 2

    その上に桜のドライフラワーを乗せ、乾燥させる。 ※余熱が残っているオーブンに入れると早く乾燥させることが出来ます。

  • 3

    こちらはミニマフィン型です。

  • 著者プロフィール

    【yuko】製菓衛生師。元国際線CAでソムリエの資格を持つ2児の母。家庭でつくる、いつもよりちょっとスペシャルで美味しいおやつのレシピを、わかりやすい解説と共にご提案します♪

TOMIZアソシエイト

TOMIZアソシエイト のレシピ