レシピID 20200131102522

洋菓子 チョコレート菓子

トリュフボールでつくる簡単ボンボンショコラ

初級レベル

60分

印刷する

冷蔵庫 火気

TOMIZアソシエイト

トリュフボールを使って、簡単につくることのできるボンボンショコラです♪
中にはガナッシュではなくチョコレートムースを詰め、ふわっと軽い食感に仕上げました。
このチョコレートムースは、カカオの冷やすと固まる性質を利用しておりますので、ゼラチンを使わずにお手軽にお作りいただけます♪但し、チョコレートは必ずカカオ分50%以上のクーベルチュールを使用して下さい。ふんわりとしたクリーミーな口溶けを是非お楽しみ下さい♪

このレシピを12人がお気に入りしています

21個分

チェックした商品は全てTOMIZで購入できます!
*チェックボックスのない商品は只今在庫がありません。

作り方

  • トリュフのセンターをつくる1

    チョコレートを湯煎にかけ、完全に溶かす。

  • 2

    別のボウルに生クリームとグラニュー糖を入れ、氷水に当てながら、
    緩めの6分立てに泡立てる。ホイッパーで持ち上げるとトロトロと流れ落ち、一瞬形が残る程度です。

  • 3

    チョコレートが約40℃であることを確認し、チョコレートを湯煎にかけたまま生クリームを5~6回に分けて加えながら、ホイッパーやゴムベラでゆっくりと混ぜていく。

  • 3-1

    ボウルの中心からゆっくりとかき混ぜていき、完全に混ざってから次の生クリームを加えてください。写真は混ぜている途中の様子です。中心はしっかりと混ざっています。
    チョコレートが冷えてしまうと混ざる前にチョコレートが固まってしまうので、温めたまま混ぜていきます。

  • 3-2

    完全に混ざった状態です。

  • 4

    丸口金をつけた絞り袋にムースを入れる。

  • 5

    トリュフボールの穴からチョコレートムースを詰めていく。
    流動性が少ないので隙間ができないよう、手で持ったまま手の甲を台に軽く打ち付けながら、トリュフボールの9分目まで詰める。少し余るので、小さな容器にいれて、固まり具合の
    チェックに使うと良いです。

  • 6

    そのままムースが固まるまで冷蔵庫に入れておく。3時間程度が目安です。

  • 7

    パータグラッセを湯煎で溶かし、アイシング用コルネ袋に詰めて底の穴に絞って蓋をし、すぐにひっくり返してラップをしたバットなどに乗せる。

  • 8

    再度パータグラッセを温め直し、デコレーションをして完成。
    お好みで花やハート型に絞ったり、アラザンを使うと可愛らしくなります。ボンボンショコラ自体が冷たいのですぐ固まってしまうため、飾りは先にOPPシートなどに別に絞っておくと簡単です。

  • 9

    断面はこのような状態になっています。柔らかいムースですので、持ち運ぶ場合は必ず冷やしてお持ち歩きください。

  • 【著者プロフィール】

    【yuko】
    製菓衛生師。『Petit Ruban お菓子教室』主宰。
    元国際線CAでソムリエの資格を持つ2児の母。
    家庭でつくる、いつもよりちょっとスペシャルで美味しいおやつのレシピを、わかりやすい解説と共にご提案します♪
    インスタページはこちらから
    教室についての詳細は、Facebookアカウント 『Petit Ruban お菓子教室』をご覧下さい。

※冷やし固める時間を除く

TOMIZアソシエイト

TOMIZアソシエイト のレシピ