菫(練切)

レシピID 20190314094948

ユイミコ 先生

ユイミコ 先生

野に咲く可愛い菫の花の練切です。 色はお好みの組み合わせで自由に染め、様々な練切の花を咲かせてください。

  • 初級レベル
  • 30分

材料

6個分

作り方

  • 練切餡・中餡1

    練切餡の作り方と中餡の作り方は 「天の川」の作り方1~9をご参照ください。

  • 仕上げ1

    練切餡を着色します。 ※練切餡は1つにつき30g使用します。 1個分30gを27g、2g(花の中心部分)、1g(しべの部分に分け、それぞれ好みの色に着色します。

  • 2

    2

    着色する時は、まず少量の練切餡を取って濃い目に染めます。

  • 3

    3

    残りの練切餡と混ぜ合わせるようにすると、きれいに素早く染まります。

  • 4

    4

    1個分のパーツはこのようになります。

  • 5

    5

    27gの練切餡でこし餡を包みます。

  • 6

    6

    2gの練切餡を丸めて平らにして6に乗せます。

  • 7

    7

    色の境目を指でこすってぼかします。

  • 8

    8

    綺麗に丸めます。

  • 9

    9

    薄手のハンカチを濡らして固く絞り、8にかぶせます。手でピンと張り、竹串などで中央を押しくぼめます。

  • 10

    10

    三角ベラを使い、下から中心に向って5本の直線をつけます。

  • 11

    11

    線と線の間を指で押し、花びらを作ります。

  • 12

    12

    1gの練切餡をフルイで漉し出します。

  • 13

    13

    竹串などを使って9でつけたくぼみに植え付けます。 ※しべ用の練切餡は全て使い切りません。ちょうどよい好みの量を調節して使ってください。

※所要時間に練切餡を冷ます時間は除く