レシピID 20190314094948

和菓子 だんご・もち・練りきり

菫(練切)

初級レベル

30分

印刷する

WA・SWEETSユイミコ 先生

野に咲く可愛い菫の花の練切です。 色はお好みの組み合わせで自由に染め、様々な練切の花を咲かせてください。

このレシピを20人がお気に入りしています

6個分

チェックした商品は全てTOMIZで購入できます!
*チェックボックスのない商品は只今在庫がありません。

作り方

  • 練切餡・中餡1

    練切餡の作り方と中餡の作り方は 「天の川」の作り方1~9をご参照ください。

  • 仕上げ1

    練切餡を着色します。 ※練切餡は1つにつき30g使用します。 1個分30gを27g、2g(花の中心部分)、1g(しべの部分に分け、それぞれ好みの色に着色します。

  • 2

    着色する時は、まず少量の練切餡を取って濃い目に染めます。

  • 3

    残りの練切餡と混ぜ合わせるようにすると、きれいに素早く染まります。

  • 4

    1個分のパーツはこのようになります。

  • 5

    27gの練切餡でこし餡を包みます。

  • 6

    2gの練切餡を丸めて平らにして6に乗せます。

  • 7

    色の境目を指でこすってぼかします。

  • 8

    綺麗に丸めます。

  • 9

    薄手のハンカチを濡らして固く絞り、8にかぶせます。手でピンと張り、竹串などで中央を押しくぼめます。

  • 10

    三角ベラを使い、下から中心に向って5本の直線をつけます。

  • 11

    線と線の間を指で押し、花びらを作ります。

  • 12

    1gの練切餡をフルイで漉し出します。

  • 13

    竹串などを使って9でつけたくぼみに植え付けます。 ※しべ用の練切餡は全て使い切りません。ちょうどよい好みの量を調節して使ってください。

※所要時間に練切餡を冷ます時間は除く

WA・SWEETS

ユイミコ 先生

小坂歩美・大森慶子の和菓子ユニット。2005年東京製菓学校卒業したのち、それぞれ和菓子店での勤務を経て、2008年より「ユイミコ」としての活動を開始。
自由が丘や世田谷、青山など、各地で和菓子教室を開催。
2015年9月に初のレシピ本「道具なしではじめられる かわいい和菓子」(講談社)を出版。
敷居が高いと思われがちな和菓子を気軽に楽しんでもらうための活動を広げる。

ユイミコ 先生のレシピ