レシピID 20190307100532

和菓子 だんご・もち・練りきり

3色団子

初級レベル

45分

印刷する

火気

WA・SWEETSユイミコ 先生

(日持ち:当日中) いよいよお花見シーズン。ういろう生地を使って、ほんのり甘いモチモチの3色団子を作りましょう。 ピンク色は桜、緑は抹茶、白には胡麻を混ぜ込み、一口頬張るごとに違う味が楽しめます。

このレシピを12人がお気に入りしています

約8~9個分

チェックした商品は全てTOMIZで購入できます!
*チェックボックスのない商品は只今在庫がありません。

作り方

  • 下準備1

    砂糖と水(共に分量外)を1:1の割合で沸騰させて蜜を作り、冷ましておきます。※蒸し上がった外郎生地を手で扱う時に使います

  • 2

    桜花の塩漬けは水洗いして塩気を抜き、水気をしっかり拭き取って軸やガクを取り除き、ほぐしておきます。(2~3gになります)

  • 作り方1

    ボウルに白玉粉を入れ、水を少量ずつ加えて溶きます。

  • 2

    上新粉、片栗粉、上白糖を合わせてふるい入れ、良く混ぜます。

  • 3

    蒸し器を強火にかけ蒸気を上げます。 濡らしてよく水分を含んだ布巾を敷き、2分ほど蒸します(空蒸しといいます)

  • 4

    蒸し器を火にかけたまま、3の布巾の上に2の生地を流し、強火で20~25分ほど蒸します。

  • 5

    布巾ごとボウルにあけ、生地を取り出します。 木べらでよく混ぜ全体を均一になじませます。

  • 6

    手に蜜をつけながら生地を3等分に分けます。それぞれ抹茶、白摺り胡麻、桜花の塩漬けを混ぜ込みます(桜花の塩漬けを混ぜた生地はピンク色に着色する)

  • 7

    抹茶を混ぜ込む時は、まず生地の少量に抹茶を混ぜ、均一に混ざったら残りの生地と合わせるようにするとダマなく混ざります。

  • 8

    それぞれ10gずつに分け、綺麗に丸めます。 生地を分けるときは、肉団子を作る要領で親指と人差し指の間から生地を出すようにすると、丸く綺麗に出すことができます。

  • 9

    片栗粉(分量外)をまぶします。

  • 10

    串に刺し、余計な粉を払い落とします。

※所要時間に生地を蒸す時間は除く

WA・SWEETS

ユイミコ 先生

小坂歩美・大森慶子の和菓子ユニット。2005年東京製菓学校卒業したのち、それぞれ和菓子店での勤務を経て、2008年より「ユイミコ」としての活動を開始。
自由が丘や世田谷、青山など、各地で和菓子教室を開催。
2015年9月に初のレシピ本「道具なしではじめられる かわいい和菓子」(講談社)を出版。
敷居が高いと思われがちな和菓子を気軽に楽しんでもらうための活動を広げる。

ユイミコ 先生のレシピ