レシピID s-201407-1b-01

料理

モチモチあつあつごま団子

初級レベル

60分

印刷する

火気

サロネーゼレシピ

あつあつモチモチは揚げたてが一番!中華屋さんの人気デザートをご自宅で♪

このレシピを75人がお気に入りしています

12個分

材料
200g
白すり胡麻(国産) 10g
30g
150g
50g
ぬるま湯(30度位) 170ml
白洗い胡麻(国産) 適量
たっぷり
使用する道具
1個

チェックした商品は全てTOMIZで購入できます!
*チェックボックスのない商品は只今在庫がありません。

※油は製菓用 太白胡麻油がおすすめですが、なたね油やサラダオイルでも可。

作り方

  • 1

    こしあんにすりごまと刻んだくるみを加え全体になじむように混ぜます。

  • 2

    12等分して丸めます。

  • 3

    ボウルに白玉粉と上新粉を混ぜて入れ、分量のぬるま湯を加えます。

  • 4

    全体に湯が行き渡りなめらかになるまで手でもみながら混ぜる。餡を包むときに生地が固いとひび割れるので、べたつかない程度にぬるま湯を加えて調節してください。

  • 5

    12等分に丸めます。

  • 6

    生地を平たくして中央に2の餡をおき、餡べらを使って徐々に生地をのばして包んでいくのが皮の厚みが均一になるので理想だが・・・難しい場合には(7)のようにすると良い。

  • 7

    生地を7〜8cmの円形に薄くして中央に丸めた餡を乗せます。

  • 8

    餡を包み込むように生地を集めて、指で生地の端どうしをつまんで包み込みます。

  • 9

    餡が見えないようにきれいに包み込むのがポイントです。

  • 10

    ごまをボウルやバットに入れて、(9)の団子の周り全体につけます。

  • 11

    全体につけたらごまが落ちないようにおにぎりを握るように少し力を入れて握ってから形を丸く整えます。

  • 12

    団子の大きさより少し少ないくらいの量の油を鍋に入れて中火にかけて120〜130度にします。

  • 13

    団子を油に入れたときに弱々しく泡が出る程度がちょうど良い温度です。

  • 14

    だんだん勢い良くあがってきますが、130度前後で揚げるようにして140度を越さないよう気をつけてください。強火だと破裂する危険がありますので注意してください。

  • 15

    130度前後で4分程度。目安は全体が浮いてきて少し大きく膨らんだら出来上がりです。キッチンペーパーなどの紙の上に取り出し、油をきって出来上がりです。


 



【レシピ提供】:studio gemma 高橋教子






短大の食物科を卒業後、同校の調理研究室に10年勤務し、料理・菓子全般を学ぶ。 その後、菓子研究家柴川日出子氏に師事し、アシスタントを10年務め独立。 東京都菓子学園卒業。 アシスタントをしながら、1,998年より荻窪にて料理教室、2,000年より現在の東京都小平市にてお菓子教室を始める。 おいしい!嬉しい!楽しい♪をモットーに活動。 現在はお菓子とパンの教室の他、企業のレシピ開発や企画に携わり、指導も行う。 他、雑誌・TV出演・企業のネット等へのレシピやお菓子写真の提供、本の出版も行っている。 最近の著書には「チーズケーキ」「パンケーキ」「ざっくり、さくさく小さな焼き菓子」(朝日新聞出版)等がある。





 

サロネーゼレシピ

月替わりで有名サロネーゼがとっておきレシピを紹介!

サロネーゼレシピ のレシピ