春麗(練切)

レシピID 20190218083834

ユイミコ 先生

ユイミコ 先生

麗らかな陽気の中で蝶が野を舞う、春の情景を練切で描きました。

  • 初級レベル
  • 30分

材料

6個分

作り方

  • 1

    練切餡の作り方と中餡の作り方は「天の川」(2017年6月)作り方1~9をご参照ください。

  • 2

    練切餡を着色します。
    ※練切餡は製品1つにつき30g使用します。 1個分30gのうち4gを黄緑色に、24gはピンク色に着色します。残った2gは黄色に着色します。
    ※6個分をまとめて着色する場合、24g(黄緑色)、144g(ピンク色)、12g(黄色)にそれぞれ着色し、6等分にします。

  • 3

    3

    着色する時は、まず少量の練切餡を取って濃い目に染めます。

  • 4

    4

    残りの練切餡と併せて混ぜ合わせるようにすると、きれいに素早く染まります。

  • 5

    5

    ピンク色の練切餡にフリーズドライ苺を混ぜます。

  • 6

    6

    1個分のパーツはこのようになります。

  • 7

    7

    ピンク色の練切餡を手のひらで丸く広げ、表面積の1/3程度を更につぶします。黄緑色の練切餡を細長い棒状にしてピンク色のつぶした部分に乗せ、色の境目を指でこすってぼかします。

  • 8

    8

    ひっくり返して中餡を包みます。

  • 9

    9

    綺麗に丸め、やや扁平に整えます。

  • 10

    10

    三角ベラを使って、2本の曲線をつけます。

  • 11

    11

    黄色の練切餡を蝶の抜型で抜いて、飾ります。

※所要時間に練切餡を冷ます時間は除く

このレシピを見た人はこの商品を購入してます。