我が家の定番にしたい 豆乳おからバンズ

レシピID 20190214102711

海野 綾子 先生

海野 綾子 先生

乳製品の代わりに豆乳、米油を使ったヘルシーなバンズです。トップに生おからをのせて、見た目にも表情豊かに仕上げました。 そのままテーブルパンとして、また、横に半分にカットして、バーガーバンズにも。 おからのコロッケや豆腐ハンバーグ、きんぴら…を挟んで、ヘルシーなビーガンバーガーはいかがでしょう。 もちろん、ジューシーなお肉のパテも相性抜群です。お好みの具材を挟んでオリジナルバーガーを作りましょう!

  • 中級レベル
  • 40分
  • オーブン
  • 冷凍庫

材料

5個 (セルクル直径9㎝)

トッピング

生おから
適宜

作り方

  • 準備

    準備

    材料を計量する。

  • 作り方1

    作り方1

    ボウルの中に粉を入れ、一混ぜした後に、溝を作ったところにイーストを入れ、少量の豆乳を加え、溶かすようにして合わせていく。

  • 2

    2

    水気がなくなったところに、砂糖、塩を入れ、残りの豆乳を入れ、全体を素早く合わせる。

  • 3

    3

    粉気がなくなったら、米油を加え、カードで生地を切るようにして合わせていく。

  • 4

    4

    油が生地に馴染んできたら、ボウルから取り出し、作業台に移し、捏ねていく。べたつくので、たたき捏ねを加えながら、艶やかになれば捏ねあがり。

  • 5

    5

    保存容器またはビニールに入れ、室温(20℃前後)で約4~5時間発酵させる。または冷蔵庫野菜室を併用して発酵させてもよい。

  • 6

    6

    3倍くらいの大きさになれば1次発酵終了。

  • 7

    7

    作業台に綺麗な面が上になるように取り出し、5分割する(1個あたり100g前後)。それぞれを軽く丸めなおす。

  • 8

    8

    ベンチタイムの間に、フラットなお皿に生おからを出しておく。

  • 9

    9

    セルクルの内側に米油(分量外)を塗っておく。

  • 10

    10

    10分ほど経ったら、はじめに丸めたものから、もう一度丸め直し、綴じ目を持って、表面に生おからをたっぷりとつける。 ※うまく着かない時は表面を軽く塗らしてからやってみてください。

  • 11

    11

    他の4つも同様に繰り返し、天板に並べ、セルクルを置いたら、生地のトップを軽く押さえる。

  • 12

    12

    乾燥させないよう、27℃前後で60~80分、2次発酵させる。

  • 13

    13

    セルクルの大きさまで生地が届き、高さも出てきたら発酵終了。

  • 14

    14

    180℃で予熱したオーブンで160℃に下げて約20分で焼き上げる。 なるべく焼き色をつけないように仕上げたいので、途中、火加減の調節を行う。

  • 15

    15

    セルクルを外し、粗熱を取る。 ※万が一、型にくっついてしまった時はシフォンナイフを型の内側に沿うようにしてあげると綺麗に外れます。